SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、Google「Core Web Vitals」対応のサイト速度改善サービス開始

 5月28日、電通デジタルは、and,a、アイデアマンズと共同で、Googleのサイト評価指標「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」に対応したWebサイトの表示速度改善サービスの提供を開始した。

 同サービスは対象Webサイトのコピー環境を構築し、「Core Web Vitals」や、同じくGoogleのページ速度計測ツール「PageSpeed Insights」に基づく現状スコアを測定。そのコピー環境において「HTMLやJavaScript改修」「3rdパーティタグの最適化」といった施策によるスコア改善の検証を繰り返すことで、最も効果の高い施策案を導き出すもの。

 また、その改善後スコアを可視化したレポートも提供するため、企業の本番環境における改修施策の実施について合理的な意思決定が可能となる。さらに、その施策をもとにした実行、検証、改善までの支援も行う。

 これにより、企業はWebサイトの表示速度の効果最大化を実現し「Core Web Vitals」の評価を高めることが期待できる。

 Googleは、表示速度やページの応答速度、ページレイアウトを3指標(LCP/FID/CLS)としたUXを定量的に測る指標「Core Web Vitals」にて、2021年6月よりGoogle検索ランキング要因にこの指標を段階的に採用することを公式発表している。そのため、企業においてWebサイトの表示速度改善は急務となっている。

 そこで、Webサイトのグロース支援で知見と実績を持つ電通デジタルと、デジタルマーケティングツールの実装支援に取り組むand,aとWebサイトの表示速度阻害要因の分析を専門とするアイデアマンズは同サービスを開発するに至った。

【関連記事】
電通と電通デジタル、Amazon広告において高度な戦略立案が可能な分析ソリューションを提供
電通アイソバーと電通デジタルが合併、新生「電通デジタル」に より統合的なソリューション提供へ
ビービット、「UXインテリジェンス協会」を設立 情報発信や方法論の確立、人材育成の実施へ
CA、小売企業のUI/UXデザインから開発・運用までを支援する「次世代ヘッドレス開発室」を設立
JINS、新サービス対応のLINEミニアプリを提供開始 ISIDがUX設計から構築まで支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/05/28 16:45 https://markezine.jp/article/detail/36439

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング