SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Instagram、クリエイターの収益化サポートを強化 バッジ機能やショップ機能を拡充

 Instagramは6月8日(米国時間)、テスト中だったバッジ機能をアップデートし、クリエイターが収益を上げるための手段を拡充することを発表した。アフィリエイト機能のテスト開始や、クリエイターのアカウントへのショップ機能の開放など、クリエイターの収益化を支援する取り組みが開始する。

バッジ機能のアップデート

 バッジ機能は、利用者がInstagramライブを視聴中にバッジを購入し、お気に入りのクリエイターやビジネスを応援できる機能。2020年10月に日本国内でもテストを開始していた。今回のアップデートでは、1回のライブ配信中にファンが複数のバッジを購入できるようになる。

 また、多くのクリエイターがライブ配信を通じてファンと直接交流し、コミュニティに貢献していることを踏まえ、今週からバッジ機能を使って所定の条件を満たすと、一定の金額がクリエイターに支給されるようになる。

 具体的には、7日のうちに15分以上ライブ配信をした際には米国ドルで$100、30日のうちに他のアカウントと一緒に30分以上ライブ配信をした場合は$150、4週に渡って毎週15分以上ライブ配信した場合は$250が支払われる。

 なお、これらのアップデートは、日本を含むバッジ機能が利用できるすべての国と地域で提供される。

アフィリエイト機能のテスト

 今後数ヶ月のうちに、Instagramアプリ上で決済まで完結できるチェックアウト機能に対応している商品のショッピングタグ(商品名や価格を表示し、商品詳細ページに遷移させることができるタグ)をクリエイター自身の投稿に追加することができるアフィリエイト機能のテストを開始する。

 投稿を通じてタグ付けした商品の売上があると、クリエイターはコミッションを受け取れる。

 また、対象となる投稿の上部には「eligible for commission(コミッション対象)」と表示され、商品を購入することでクリエイターを支援できることが利用者にとっても明確になるようになる。

 同機能のテストは、米国の一部クリエイターとビジネスを対象に行われ、将来的により多くのパートナーに拡大予定。

クリエイターのショップ機能

 自身のブランドを持っているクリエイターは、ショップ機能を活用し、個人アカウントのプロフィール画面にショップへのリンクを追加できるようになる。

 これまではショップ機能を利用するためにはブランドのInstagramアカウントである必要があったが、今後はファンに自身の商品を紹介することがより簡単になる。同機能は、数日のうちに日本を含むグローバルで導入される。

【関連記事】
Instagram、リールとライブ配信のインサイトが計測可能に
InstagramとFacebook、「いいね!」数の表示・非表示の選択が可能に
Instagram、ストーリーズに「コラボ」機能をテスト開始 複数アカウントで共同投稿が可能に
サムライト、Instagramショッピング運用支援サービスの正式提供を開始
Instagram、好きなリール動画とコラボできる「リミックス」機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/09 17:15 https://markezine.jp/article/detail/36525

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング