SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ウェブマスター用ツール「Yahoo!検索 サイトエクスプローラー」日本語版公開

 ウェブマスター用のツールとして2005年に米国でリリースされた「Yahoo! Search Site Explorer」の日本語版が公開された。「Yahoo!検索 サイトエクスプローラー」では、URLやドメインを指定して、「Yahoo!検索」が利用している検索エンジン(YST:Yahoo! Search Technology)にインデックスされているページや、被リンク情報などを確認できる。

 また、ぺージの言語判定や最終クロール日を確認したり、インデックスされたページ情報を最大1000件までエクスポートすることも可能。クロールのリクエストを出したり、インデックスされてしまったエラーページを検索結果に表示しないように設定したり、リンクファームの一部とみなされ、検索結果でペナルティを受けないためのスパム報告もできる。

 日本語版ではさらに、「Yahoo!ブックマーク」のブックマーク数や、「Yahoo!ブログ検索」の言及数を表示する機能も追加されている。今後はモバイル検索のフィード送信機能やデベロッパー向けAPI、ブログパーツなども提供していく予定だという。

【関連リンク】
グーグル:五年以内に中国検索エンジン市場のトップ目指す
ある日突然、検索エンジンからペナルティを受けたら? アイレップが「検索エンジンガイドライン適合性診断サービス」開始
Yahoo!が独自検索技術の「YST」検索アルゴリズムを刷新

Yahoo!検索 スタッフブログ
「サイトエクスプローラー」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/05/15 20:51 https://markezine.jp/article/detail/3667

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング