SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドビ、日本における事業戦略を発表 DX推進を加速

 アドビは、2021年6月29日、事業戦略説明会を開催。今年4月より同社 代表取締役社長に就任した神谷知信氏から、日本市場における今後の事業戦略について発表された。

アドビ 代表取締役社長 神谷知信氏。入社日に参加した「Adobe MAX 2014」で、アドビのコミュニティの力を実感したという。

 1982年に米国で創業したアドビは、来年40周年を迎える(日本では30周年)。デジタルが生活や仕事の中心となった今日、Eコマース市場の成長や紙からデジタルへの急速なシフトに伴い、同社のTotal Addressable Marketも急大している。

 今後の同社のビジョンとして「心、おどる、デジタル」を神谷氏は提示。それを構成する4つの柱を「Digitalize」「Dilight」「Amaze」「Foster」とし、実現する3つの軸を「テクノロジー」「エコシステム」「人材と組織」と掲げた。

 実際に同社では、「Adobe Experience Cloud」「Adobe Sensei」をはじめとした自社サービスを活用し、デジタルトランスフォーメーション(DX)を体現し、心おどるデジタル体験を世界中に広がる顧客に提供している。

 「アドビはいち早く事業のサブスクリプション化にシフトし、Eコマース事業も非常に加速している。自社の成功体験をお客様に共有し、企業のDX推進やデジタルを通じたワクワクする社会作りに貢献していければ」と神谷氏は語った。

【関連記事】
アドビ、代表取締役社長に神谷知信氏が就任
アドビ、DXを支援するグローバルの顧問評議会を設置 竹中平蔵氏も参画
2020年ホリデーシーズンの米国のオンライン売上が過去最高となる1,890億ドルと予測【アドビ調査】
外出自粛で最もオンライン購入したのは「生鮮食品以外の食品・飲料」【アドビ調査】
日本法人アドビ システムズ、「アドビ」へ社名変更

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/01 08:49 https://markezine.jp/article/detail/36679

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング