SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Kaizen Platform、DXの実行に課題を抱える企業をプロジェクトの上流からサポート開始

 Kaizen Platformは、DXを推進する上で重要となる戦略の策定から、具体的な施策の検討及び実行までのプロジェクトを支援しながら伴走することで、自社でDXを推進することができる”内製型DX”を実現する「KAIZEN Consulting」の提供を開始した。

 同社ではこれまで、国土交通省の河川関連システムのDX戦略ロードマップの策定や、三菱食品の業務改革及び業界課題の解決に向けたDX支援などを実施してきた。ノウハウや経験を活用することで以下のような取り組みを支援していく。

  1. 実例などをもとにしたマーケット分析及びそれを基にしたディスカッションパートナー
  2. 現場を巻き込んだワークショップや、経営陣への勉強会や社内啓蒙活動のサポート
  3. コスト、社内環境なども考慮した実現可能性をお客様と一緒に検討
  4. 個別業務のデジタル化から、新ビジネスモデルのPoC設計・実施・運用まで支援
  5. クラウド上のDX人材プールから業界経験豊富な人材を1名からチーム単位で提供
  6. ツール、開発や運用を請け負う最適な協力会社と最適なチームで実行フェーズも支援
  7. プロジェクトの中に入り、事務局として伴走

【関連記事】
BtoB企業のマーケティングDXをフルファネルで支援 博報堂が「GRIP&GROWTH」を提供開始
電通グループ3社、マーケティングシステムの変革を支援する「DX診断forシステム」提供開始
アドビ、日本における事業戦略を発表 DX推進を加速
WACUL、マーケティングDX促進のための「人材研修」提供へ BtoB企業向けオンライン研修から開始
GMOペパボと商工中金が業務提携、中小企業のEC開設・運営支援を通しDX推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/14 16:45 https://markezine.jp/article/detail/36783

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング