SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Link Sports、スポーツ専門店でTikTokのプロモーションを実施 サイネージでCMを放映

 Link Sportsは、全国に展開するスポーツ専門店の売り場を活用した広告の販売をスタート。第一弾として「TikTok」のプロモーションを実施した。

 同社は、アマチュアスポーツチームを対象としたスポーツチームマネジメントアプリ「TeamHub」を開発・運営する企業。自社アプリやスポーツ専門店との連携を活かし、企業に向けてデジタルとリアルを活用した包括的なプロモーションの支援も行っている。

 第一弾の取り組みでは、TikTokが大型スポーツイベントの公式スポンサーとなったことを背景に、2021年6月12日(土)~2021年7月12日(月)の大会期間中に複数のプロモーション施策を展開。全国176店舗のスポーツ専門店において、同社のオリジナル15秒CMを店内デジタルサイネージで放映したほか、店内ラジオを使った告知やQRコード付きシューズマットの設置も実施した。

大型サイネージでのプロモーション(渋谷店舗内)
大型サイネージでのプロモーション(渋谷店舗内)
調布店舗内の売り場
調布店舗内の売り場

【関連記事】
LIDDELLと博報堂DYスポーツマーケティング、アスリートのSNSによるセルフブランディングを支援
レンタルDXのTENTとブックオフが業務提携 スポーツ・アウトドア用品の店頭レンタルサービスを開始
エイスリー、スポーツ分野専門のキャスティング/プランニングユニットを新設 Inflightと業務提携
2020年の日本eスポーツ市場、収益の約7割をスポンサー費が占める【角川アスキー総合研究所調べ】
車窓サイネージCanvas× Makuake 、応援を形にする「ファン広告プロジェクト」始動

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/14 13:45 https://markezine.jp/article/detail/36789

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング