SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ライナフとLIFULL HOME’S、物件のおとり広告撲滅を目指して取り組みを開始

 不動産における物件情報の透明性・精度の向上を目的に、ライナフとLIFULLは、不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」に掲載された、顧客を寄せ付けるために表示される架空広告「おとり広告」を自動的に非掲載にする取り組みを、三菱地所ハウスネット協力のもと実施した。

 物件情報サイトに掲載される物件広告の多くは、物件を仲介する各仲介会社によって掲載・非掲載の情報更新がなされる。仲介会社は、定期的に管理会社へ電話等で物件確認(物確)をすることで、その物件の最新情報を取得し、広告掲載に反映している。

 都度、手動で更新作業をおこなうため、タイムラグが発生してしまい、意図せず成約済みの広告が掲載されたままになってしまうことがある。その状態を悪用し、人気物件の広告をあえて掲載させたままにし、意図的に問い合わせを増やす行為も一部で横行している。こうした悪質な広告を「おとり広告」といい、不動産業界において根深い問題となっている。

 今回、ライナフ提供のAIによって物件確認を自動化するサービス「スマート物確」と「LIFULL HOME’S」をシステム連携させることで、自動でLIFULL HOME’Sに掲載される「おとり広告」を非掲載した。

 また、スマート物確に登録されている約15,000戸の管理物件を対象に実証実験をおこなった結果、1ヶ月間で1,000戸以上の非掲載対象の広告を検知し、非掲載処理を実施した。また、非掲載対象のボリュームゾーンが、東京都23区の副都心部エリア、家賃が10万円〜12万円台、ひとり暮らし向けの物件であることもわかった。

【関連記事】
「LIFULL HOME'S」、SNS広告運用ツール「Smartly.io」導入へ
DeNAとLIFULLグループがRPA分野で協業、不動産業界のDX支援
Zホールディングス、広告サービスの品質向上に向けた有識者会議を設置 情報開示の在り方を検討
Instagram、若年層への広告配信などを制限 興味関心や閲覧に基づくターゲティングを停止
スマートニュースとDoubleVerifyが連携 広告の品質と安全性の検証を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/08/26 16:44 https://markezine.jp/article/detail/37133

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング