SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

LINE広告活用術(PR)

1to1は付加価値ではなく絶対条件。P&GがLINE活用で目指す、これからの買い物体験

メーカーと小売、プラットフォームの協力体制を強化し1to1を促進

MZ:「LINEで応募」の実施を受けて、これからどのようなデータ活用を進めていきたいですか?

根岸:今後、メーカーとしてのデータ活用は大きく2つの方向性で強化したいと考えています。1つは、小売店様との協働です。これまで、小売店様からは分析用の購買データをご提供いただき、カテゴリーマネジメントを行ってきました。今後は、お客様へ直接アプローチできるような形でデータを活用していきたいです。

 そして2つ目は、LINEさんをはじめとしたプラットフォームとの連携です。個々のショッパーに対してアプローチできる仕組みを整えたり、効果的にリーチできるようなソリューションも一緒に作っていきたいと考えています。

MZ:これからますますメーカーや小売店の中で1to1のデータ活用が進んでいくと思われます。LINEでは、これをどのようにサポートしていかれますか?

江田:P&G様とのお取り組みのように、メーカーとショッパーが直接つながる仕組みを提供するとともに、各リテール事業者様へソリューションを提供する「リテールパートナープログラム」でも支援を強化していきます。

 2022年1月以降にリリースを予定している「LINE POP Media」は、来店客をLINE Beaconでキャッチし、店内にいるユーザーへLINEから情報を発信するという仕組み(※)です。ユーザーが店内にいるタイミングで、キャンペーンなどのお得な情報を届けることができます。最適なタイミング・最適な手段で発信できるよう、さらにブラッシュアップを重ねていきたいです。

2022年1月に正式ローンチ予定の「LINE POP Media」
2022年1月以降に正式ローンチ予定の「LINE POP Media」

(※)「位置情報の取得を許可」をオンにしているユーザーに対してのみ配信が可能。

より楽しいトータルショッピングジャーニーの実現へ

MZ:終わりに、今後の展望をお聞かせください。

根岸:P&Gでは、お客様の買い物の流れを「トータルショッピングジャーニー」と呼んでいます。買い物をする前・買い物の最中・買った後と、複数の接点でショッパーにより良い情報やサービスをご提供し、トータルショッピングジャーニーをより楽しく、進化させていきたいです。

 コロナ禍を受けてECが伸びていますが、お店に買い物へ行く楽しさを再発見されているお客様もいらっしゃいます。オフライン、オンラインとどちらのチャネルも活用しながら、買い物の時間をより良い時間にしたいと考えています。

 そして、私たちP&Gの「毎日の暮らしをよりよいものに」と、LINEさんが生活を支えるインフラとして目指している「Life on LINE」のビジョンには共通するところが多いと感じています。ぜひ、これからも長期的な取り組みを続けていきたいです。

江田:「ブランド価値をどのようにエンドユーザーへ伝えていくか?」を考えた時、キャンペーンに応募するといった体験も含めた買い物体験がより重要な要素になっていくだろうと実感しています。また、先日実証実験を行った「NFTを活用した新たなデジタル景品」の取り組みも含め、ワクワクするような買い物体験をお届けするため、引き続き「LINEで応募」やLINEの販促領域の様々なソリューション、テクノロジーを活用し、P&G様をサポートしていければと思います。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
LINE広告活用術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/05 11:00 https://markezine.jp/article/detail/37185

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング