SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

事例で学ぶ顧客データ活用のポイント、CDP導入のタイミング【MarkeZine Day】

 MarkeZineは、2021年9月7日(火)~9月8日(水)の2日間にわたり、「MarkeZine Day 2021 Autumn」をオンラインで開催する。

 9月8日(水)の12時45分から行われるセッション「ユースケースで学ぶ顧客データ活用戦略~CDPを導入する適切なタイミングとは~」では、EVERRISEの小木曽正佳氏が登壇する。

 グローバルでの個人情報保護意識の高まり、3rd Party Cookieを含めデジタル接点での情報取得方法の変化、そして日本で2021年に施行される改正個人情報保護法などから、顧客から許諾を得て自社で保有している1st Partyデータの利用や新たなデータの取得による利用の重要性が高まっている。こうした状況下で、先進企業はどのようにデータを管理し、活用しているのだろうか?

 本セッションでは、デジタルトランスフォーメーションをテクノロジーで支援するEVERRISEが、ユースケースをもとに顧客データをどのように活用できるのか、CDPを導入する適切なタイミングおよびプロジェクトの進め方について解説する。

 データの活用に関わるマーケターやブランド担当者だけでなく、これから本格的なデータの活用に取り組みたい企業にもオススメのセッションだ。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2021 Autumn
登壇セッション:ユースケースで学ぶ顧客データ活用戦略~CDPを導入する適切なタイミングとは~
登壇者:株式会社EVERRISE プラットフォーム事業部 Biz Div. マネージャー 小木曽正佳氏
日時:2021年9月8日(水)12:45~13:30
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/02 08:30 https://markezine.jp/article/detail/37190

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング