SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Z世代×クリエイターとの共創で課題解決 Qoilとドゥ・ハウスが「Plan with Z」を提供開始

 Qoilとドゥ・ハウスは、Z世代共創型の課題解決パッケージ「Plan with Z(プラン・ウィズ・ズィー)」の提供を開始する。

 Qoilは、クリエーションデザイン、データサイエンス、デジタルテクノロジーを活用したマーケティングソリューションを提供する企業。一方のドゥ・ハウスは、ミレニアル世代やZ世代を研究する機関「Global New Generations lab」を運営する企業だ。

 同パッケージでは、18歳から20代前半の現役大学生と共に、クライアント企業および商品のマーケティングプランや販促クリエイティブを作成・提供する。手順としては、インプットやリサーチを行う「事前ワーク」と、5人×5チームのメンバーで取り組む「ワークショップ」を実施しアウトプットを発表。その後、Qoilのプランナーやクリエイターによるブラッシュアップを行い、最終アウトプットとしてクライアント企業に提供する。

 ワークショップにはクライアント担当者も参加可能。最終アウトプットだけでなく、そこに至るプロセスまで見せることにより、Z世代に響くプランの精度向上を目指す。

【関連記事】
Z世代はネット上の他人のおすすめを重視/ミレニアル世代は納得を重視【ネオマーケティング調査】
電通、SYNとゲーミング領域で業務提携 Z世代を中心としたコミュニケーションアプローチを強化
CCI、Z世代へのマーケティング活動強化を目的とした「Z世代研究会」を発足
ドゥ・ハウス、国内外のミレニアル・Z世代とともに考え行動する研究機関を発足
MERY、サイトリニューアルにともない企業のマーケティング支援事業を強化 Z世代のインサイトを活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/10 15:30 https://markezine.jp/article/detail/37262

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング