SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYMPらが「イグニカサイネージサービス」を販売開始 決済アプリへの広告配信も可能に

 博報堂DYメディアパートナーズと博報堂DYアウトドアは、リアル店舗でのAIデジタルサイネージを活用した広告配信・マーケティングサービス「イグニカ(ignica)サイネージサービス」の販売を開始した。

 同サービスでは、マルエツなどを事業会社とするユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(以下、U.S.M.H)のAIデジタルサイネージを活用。U.S.M.Hの111店舗・1,042画面に設置されているサイネージや、同社のスマートフォン決済アプリ「Scan&Go Ignica」に対し、広告主の商品情報や機能の説明動画などを配信する。配信後は、AIカメラを活用した視聴効果の分析・可視化も行える。

 博報堂DYアウトドアは、流通系サイネージメディアの販売と開発で培ったノウハウを活かし、視聴率に応じた料金体系の提案および販促の効果検証を担う。今後は博報堂DYグループのソリューションやデータを活用し、オンライン/オフライン施策のレスポンス比較やエリア分析なども行っていく。

【関連記事】
SMN、AI活用したデジタルサイネージ広告の実証実験を都内大型書店で実施
タクシー・サイネージメディア「Tokyo Prime」、タクシーシェルター広告とセットメニューを開始
バルクオム、ブランド初となる旗艦店をオープン 3Dやサイネージを活用した体験型店舗に
Link Sports、スポーツ専門店でTikTokのプロモーションを実施 サイネージでCMを放映
車窓サイネージCanvas× Makuake 、応援を形にする「ファン広告プロジェクト」始動

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/13 14:00 https://markezine.jp/article/detail/37276

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング