SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

広告やLPの表現内容を薬機法/景表法の観点でチェック ADrimが「AD JUDGE」をリリース

 ADrim(アドリム)は、広告表現チェックツール「AD JUDGE(アドジャッジ)」をリリースした。

 同社は、Webマーケティング事業やアドソリューション事業を展開する企業だ。今回リリースしたツールでは、広告上の表現内容を薬機法/景品表示法の観点からチェックおよび代替内容の提案を行う。

 チェックは、利用企業が同ツールに入力するテキスト・URL・画像を基に実施。リスティング広告やSNS広告のほか、メディア・自社LP、宣伝バナーなどにおける違反表現を検知し、広告主や広告代理店、メディアの判断をサポートする。

画像チェックの実行イメージ
画像チェックの実行イメージ

【関連記事】
3WELL、薬機法チェックツールをリリース 登録インフルエンサーが広告表現を確認できる体制の構築へ
Teads、ユーザーリーチが19億人に到達/NewsGuardと連携しブランドセーフティーを強化
Twitter、TAGの認証マークを取得しブランドセーフティを強化/広告向けに会話参加設定機能を導入
PORTO、IASのPre-bidを拡充 インストリームでもブランドセーフティなどが可能に
GMO NIKKO、アフィリエイト広告向けの「ブランドセーフティURL判定サービス」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/17 15:45 https://markezine.jp/article/detail/37317

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング