SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ポラリスとパナソニック、IoT・AIを活用した要介護高齢者向け「短期滞在型自立支援サービス」提供

 全国で自立支援特化型の通所介護施設(以下、デイサービス)を運営するポラリスとパナソニックは、10月1日より、要介護高齢者向けに、リーガロイヤルホテル(大阪)にて、IoT・AI技術を活用した短期滞在型の自立支援サービスの提供を開始する。

 同サービスは、リゾート地などに短期滞在しリラックスしながら、リモート環境で一人ひとりに最適な健康管理やケアプランにあわせたリハビリを行うもの。コロナ禍等で自宅に閉じこもりがちな高齢者の廃用症候群の改善も期待できる。

 ポラリスおよびパナソニックは、2018年2月より自立支援介護プラットフォームの共同開発を実施し、実証してきた。

 今回、ウェアラブル機器やモバイル端末を用いて、直接対面をしなくても、リモート環境で高齢者の状態を把握できるリモートアセスメントシステムを共同開発。同システムは、高齢者の状態を定量的かつ迅速に、リモートでも収集ができるため、自立支援介護の高位平準化を可能にする。

 同システムをポラリスのデイサービス事業拠点で検証を行い、直接対面なしで、リハビリプランを策定するためのアセスメント・予後予測を遠隔で実現できることを確認したため、検証結果に基づき、今回のサービス提供を開始するに至った。

【関連記事】
パナソニック、一人ひとりにちょうどいいIoT対応「マイスペック」調理家電を今秋提供へ
鉄道会館とパナソニック、グランスタ東京でデータマーケティングを推進 施策の成果を発表
インテージら4社、「イエナカデータプロジェクト」を始動 家庭内の実消費データをIoTで取得、活用へ
電通、IoT家電のデータを活用したソリューション提供 第一弾として広告配信と効果検証可能に
ライオンとLOHACO、IoTハブラシのテストマーケティングを共同で開始 購買・行動データを連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/24 14:00 https://markezine.jp/article/detail/37364

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング