SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本酒事業を運営するClearの社外取締役に元エルメスパリ本社副社長 齋藤峰明氏が就任

 日本酒事業を運営のClearは、ブランド事業の成長を目的に、10月1日より齋藤峰明(さいとうみねあき)氏が社外取締役に就任したことを発表した。

 同社は「日本酒の未来をつくる」をビジョンに、日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」の運営と、高級日本酒ブランド「SAKE HUNDRED」事業を展開している。

 齋藤氏は、1992年にエルメス・インターナショナルに入社し、1998年エルメスジャポン代表取締役社長に就任。その後、2008年〜2015年までエルメスパリ本社副社長を務め2020年よりSAKE HUNDREDブランドアドバイザーとして参画してきた。今回、自身の経験をさらに強く事業に還元すべく社外取締役として就任した。

 齋藤氏は「これまで、実店舗を中心にラグジュアリーの世界観をつくってきましたが、SAKE HUNDREDはビジネスモデルとしてインターネットを中心に展開している。リアルの延長線のインターネットではなく、インターネットだからできるブランド展開している点にも強い興味を持ちました」と語る。

 また、「既存の手法に頼るのではなく、試行錯誤しながらチャレンジするClearの皆さんと、共に成長したいと思いました。自分もSAKE HUNDREDが目指す、人を豊かにするラグジュアリーを実現するお手伝いがしたい、新しいラグジュアリーへの挑戦に立ち会いたいという思いが強くなっていきました。そして、アドバイザーの立場から一歩踏み込むことで、自分自身の経験がSAKE HUNDREDの成長に活きるのではないかと感じ、今回の社外取締役の就任に至っています」と発表している。

【関連記事】
アンカー・ジャパンの代表取締役CEOに猿渡歩氏が就任 日本市場のマーケティングをけん引
シズる、顧問に中川政七商店の中川淳氏が就任 経営アドバイザリーとD2C支援を担当
オイシックス・ラ・大地、社外取締役にブランディングディレクター小脇美里氏が就任
中川政七商店とTakramが「PARADE」を設立 ビジョンを起点とするブランディングの支援へ
ザボディショップ、エシカルな消費体験を提供する新店舗をオープン ブランドストーリーを伝える展示も設置

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/11 12:00 https://markezine.jp/article/detail/37486

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング