SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Curtainら3社がオンライン展示会プラットフォーム「HUB STATION」を共同開発

 Curtain、コイシカワ、ノーバジェット・マーケティングは、オンライン展示会プラットフォーム「HUB STATION」を共同開発し、トライアル版を提供開始した。なお、製品版のリリース時期は11月を予定している。

 Curtainは、マーケティング領域においてクリエイティブやシステムの開発を行う企業。今回はオンラインイベントの開催実績を多数持つノーバジェット・マーケティング、ウェブ制作やシステム開発を手掛けるコイシカワら2社と業務提携を結び、同プラットフォームを共同開発した。

 同プラットフォームは、主催者向けの管理サイト「EXPO STATION」と、出展社向けの管理サイト「BOOTH STATION」の連携により、オンライン展示会の開催を実現。主催者はEXPO STATIONでイベントの名称・開催期間・画像を設定し、出展社へ招待メールを送信するだけでオンライン展示会を開催できる。

オンライン展示会のデモ画面
オンライン展示会のデモ画面

 BOOTH STATIONでは、出展社が登録した情報を基にブースを作成。利用企業は主催者から招待を受けた展示会への出展だけでなく、作成したブースを自社のオンラインショールームとして公開することもできる。

【関連記事】
ガイアックス、オンラインイベントでの見込み顧客獲得に特化した展示会プランを開始
ADKクリエイティブ・ワン、展示会などに使えるXR技術を活用した2ソリューションの提供を開始
エボルト、ニッチなテーマに特化したオンライン展示会サービス「evort マイクロ展示会」を提供開始
アウル、オンラインイベントの動画配信管理プラットフォーム「&Live」を提供開始
CAのイベントテックサービス、ツイート連動機能とプレゼンにXRを活用できる機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/15 17:30 https://markezine.jp/article/detail/37543

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング