SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

企業の53%が「他社との競争が厳しくなっている」と回答【ガートナー調査】

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は、デジタル・テクノロジーを活用したビジネス変革において従業員、顧客、および非効率な業務への取り組みを見直すべきとの見解を発表した。

 同社は、グローバルのCEOおよび上級ビジネス幹部を対象に2020年7月から12月に2021年CEO調査を実施。ビジネス上の最優先課題のトップに「成長(56%)」、次に「テクノロジ関連の変更(36%)」が挙がった。

 また同社は、2021年8月に国内企業に勤める従業員および経営者に対して調査を実施。自社と他社の競合環境について尋ねたところ、過半数(53.0%)が5年前と比べて厳しくなっていると回答した。一方で、優位になっていると回答した割合は11.0%にとどまった。

日本企業の過半数が競争が厳しくなっていると回答

 また、同調査ではビジネスをさらに発展させるために重視すべきことについて尋ねた。上位3項目には「従業員の士気や満足度を高める(41.8%)」「顧客満足度を高める(33.5%)」「非効率な業務を廃止または改善する(31.5%)」が挙がった。回答者の多くは、従業員および顧客への対処と、非効率な業務を改善すべきであると考えていることが明らかになった。

改善すべきは、従業員および顧客への対処と非効率な業務

【関連記事】
ガートナー、「改正個人情報保護法」施行に向けて企業が取り組むべきアクションを発表
CXの取り組み状況、進行中・稼働済みの企業は10.2%に【ガートナー調査】
ガートナー、2021年のIT支出成長率を2.6%と予測 教育、政府官公庁/地方自治体で高成長の見込み
ガートナー、日本の業種別IT支出動向を発表 平均2.6%増となり2024年には32兆円に達すると予測
2021年における世界のIT市場は大きく成長すると予想 IT支出の成長率は4%【ガートナー調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/25 17:30 https://markezine.jp/article/detail/37623

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング