SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

朝日新聞社とIAS、コンテクスチュアルターゲティングサービスを共同開発 ユーザーのプライバシーに配慮

 朝日新聞社は2021年11月9日(火)より「朝日新聞デジタル」などのデジタル媒体において、広告配信サービス「コンテクスチュアルターゲティング」の提供を開始した。

 同社は2020年10月に、コンテンツソリューションプログラムとして「ADS(Asahi Digital Solutions)」を発足。今回はADSと、デジタル広告の検証・不正対策に取り組むIntegral Ad Scienceが共同でサービスを開発した。

 同サービスでは3rd Party Cookieの活用によるユーザーの閲覧履歴に基づいた従来のターゲティング広告とは異なり、記事コンテンツの文脈をAIが解析。ユーザーのプライバシーに配慮した広告配信を実現する。

【関連記事】
朝日新聞、新聞広告の日プロジェクトとして広告特集「高齢者にこそ、最新のスマホサービスを。」掲載
朝日新聞、デジタルマガジン「&」をリブランディング 会員機能の追加や広告メニューの新設も
ユーザーと親和性の高い掲載先を選出 Criteoが「Criteoコンテクスチュアル広告」のβ版を公開
ネオマーケティング、コンテクスチュアルターゲティング広告とCookieを使用した広告の比較検証を開始
フルスピード、YouTubeのコンテクスチュアルターゲティングが可能な「ZEFR」の取り扱いを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/10 14:00 https://markezine.jp/article/detail/37744

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング