SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マーケティングデータの可視化・分析・予測を一気通貫で支援 メディックスが「M-Data」を提供開始

 メディックスは、企業のマーケティング領域におけるDXを支援するソリューション「M-Data(エムデータ)」の提供を開始した。

 同ソリューションでは「M-Data Visualization(データ統合/可視化)」「M-Data Analytics(分析)」「M-Data Prediction(予測)」という3つのサービスを提供。各サービスにおいて、導入前の要件定義から環境構築、運用支援までを一貫してサポートする。

 具体的にはM-Data Visualizationにおいて、Web解析データ・Web広告データ・顧客データ・購買データなどを、DWHである「Google BigQuery」に統合。統合したデータを分析プラットフォームである「Tableau」においてダッシュボード化する。

 M-Data Analyticsでは、顧客データ・購買データ・Web行動ログを統合分析。これにより、マーケティングにおけるネクストアクションの立案をサポートする。

 3つ目のM-Data Predictionは、企業に存在する各種データを基に予測分析を用いて価値の高いユーザーを事前に抽出し、アクションの改善・効率化を支援する。

【関連記事】
電通らが「Twitter Data Hub Omusubi」を提供開始 セキュアなデータ統合を実現
EVERRISEが「INTEGRAL-CORE」のUIを操作性重視で刷新 データ統合の支援も開始
ヤフー、セグメントの特徴から多面的なペルソナを可視化する「DS.INSIGHT Persona」提供
電通と電通デジタル、DX推進における企業組織の課題を可視化するサービスを開始 推進意識の醸成を支援
AIQ、インフルエンサーの販売力を予測・可視化するAIを開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/18 17:45 https://markezine.jp/article/detail/37805

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング