SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ライオン、『キレイキレイ』ブランドが清潔衛生環境づくりを支援 兵庫県川西市と連携協定を締結

 12月22日、ライオンは、兵庫県川西市(市長・越田 謙治郎)と、「『キレイのリレー』プロジェクト」など庁舎等における衛生管理および市民サービスの向上に関する協定を、(水)に締結した。これにより、同社は、川西市における衛生行動の習慣化の取り組みを支援する。

 ライオンは、『キレイキレイ』ブランドにて、2021年2月から“大切な誰かを想い、清潔衛生行動をとることが、自分の生活を支える誰かの笑顔を生み出していく”という考えのもと、趣旨に賛同した企業・法人・団体と協働で「『キレイのリレー』プロジェクト」を推進している。

 「何気ない日常に幸せを感じるまちづくり」を目指す中で、感染症予防対策に取り組む川西市が賛同し、連携協定の締結に至った。

 今後、両者は同プロジェクトを通して、市役所への来庁者および職員のために、キレイキレイ製品による施設内の清潔衛生環境作りをサポートする。また、清潔衛生に関する専門知識を持つ同社の衛生マイスターによる「出張清潔衛生授業」を市民に対して実施するなどして、衛生意識向上を支援する。

 同社グループは、「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」を経営ビジョンに掲げ、「よりよい習慣づくりで、人々の毎日に貢献する」を企業のパーパス(存在意義)として活動を行っている。

 同プロジェクトは経営戦略の1つである、コロナ禍をはじめとした社会における衛生ソリューションを提供する「インフェクションコントロール」の取り組みの一環。

【関連記事】
第70回日経広告賞が決定 KINCHOが大賞に/「パーパス・ESG部門」の最優秀賞は積水ハウスが受賞
電通デジタル、パーパスあるDX・CX支援を強化 "社会的不満"探索支援ツール提供開始
博報堂とnote、企業・ブランドのパーパスを発信・可視化するサービス提供開始
東広島市、マツダ・博報堂と生活価値創造に関する連携協定を締結 
良品計画と横浜市が6つのテーマの連携協定を締結「感じ良い暮らしと社会」の実現を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/27 11:30 https://markezine.jp/article/detail/38064

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング