SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

食事・運動・体重管理アプリ「カロミル」ユーザー120万人は1年間に何を食べた? 市販商品ランキング

 食事・運動・体重管理アプリケーション「カロミル」の開発・提供をするライフログテクノロジーは、2021年1月1日~12月24日の間、アプリユーザーがどのようなものを喫食していたかをまとめたランキングデータを発表した。

 同アプリはスマートフォン搭載のカメラでまとめて写真を撮りだめておけば、毎回アプリを開かなくても自動で画像解析が行える特徴を持つもので、会員数は120万人を超える(2021年11月時点)。同データによる市販商品で最も食べられていたものトップ10は次の通り。

 1位…日本食品製造 日食 プレミアムピュア オートミール

 2位…タカノフーズ 極小粒ミニ3

 3位…明治 チョコレート効果 カカオ72%26枚入り

 4位…タカノフーズ 国産丸大豆納豆

 5位…グリコ アーモンド効果 砂糖不使用 200ml

 6位…マイプロテイン IMPACT ホエイプロテイン ミルクティー 1kg

 7位…セブンイレブン 7プレミアム 千切りキャベツ

 8位…明治 チョコレート効果 カカオ86%

 9位…雪印メグミルク ナチュレ 恵 megumi 脂肪0 ゼロ

 10位…キッコーマン おいしい無調整豆乳 1L

 2021年にダイエッターを中心に流行したオートミールのほか、高カカオチョコレート、納豆や豆乳といった大豆製品、手軽に野菜を摂取できるコンビニエンスストアのカット野菜などがランクイン。たんぱく質・食物繊維を積極的に、自身の目標量を達成するために喫食している傾向が見られた。

 ここからは2021年に話題になった4つのヘルシー食材について、カロミルユーザーが選んだ商品トップ3をそれぞれ見ていきたい。

オートミール

 オートミールは水を加えて電子レンジにかけることで「米化」したり、お茶漬けなどさまざまなアレンジレシピがSNSなどを中心に話題になったりした。

 1位…日本食品製造 日食 プレミアムピュア オートミール

 2位…クエーカーオーツカンパニー クエーカー オールドファッションオートミール

 3位…Kellogg's オートミール

大豆ミート

 大豆ミートは肉のような食感を再現した商品が話題になったり、ファストフード店や焼肉店が大豆ミートを使用したメニューを展開する流れが生まれた。

 1位…セブンイレブン 野菜と大豆ミートのタコスミート

 2位…伊藤ハム まるでお肉!大豆ミートのナゲット

 3位…ドトール 全粒粉サンド 大豆ミート 和風トマトのソース

オーツミルク

 オートミールと同様にオーツ麦で作られたミルク系飲料。牛乳や豆乳、アーモンドミルクなどと共にスーパーなどで販売されている。食物繊維が豊富で、自然な甘さが特徴の飲料として話題になった。

 1位…ダノン アルプロ たっぷり食物繊維 オーツミルク 砂糖不使用

 2位…ダノン アルプロ たっぷり食物繊維 オーツミルク ほんのり甘い

 3位…マルサンアイ オーツミルク

高タンパク系商品

 健康志向の人々が特に近年注目し、積極的に摂取しているタンパク質。カロミルでの2021年新規登録数は約90もメニューが増えた。プロテインだけでなく、さまざまな大手メーカーから高タンパク質の商品が数多くリリースされた。

 1位…ダノン オイコス 高タンパク質 プレーン 砂糖不使用

 2位…ダノン オイコス 高タンパク質 ストロベリー

 3位…ダノン オイコス 高タンパク質 プレーン 加糖

【関連記事】
MERY、公式インスタアカウントのいいね・保存数ランキングを発表 美容領域でZ世代が求めるものとは?
2021年に最も聴かれた楽曲は「ドライフラワー」 Spotifyが聴取データに基づくランキングを発表
2021年、ビジネススキル系授業群の学習時間は2年前の6倍に/学習時間も大幅伸長【Schoo調査】
2021年下半期、Z世代のトレンドは「イカゲーム」「コムドット」/2022年流行も予想【Z総研調査】
半数近くがGo To トラベルの利用意向あり/旅先での消費活動にも意欲的【NTTコム リサーチ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/04 15:30 https://markezine.jp/article/detail/38074

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング