SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

凸版印刷、AI顔分析でパーソナライズされた複数の化粧品を自販機のように提供する什器を開発

 凸版印刷は、AIで一人ひとりの顔を瞬時に分析し、分析結果に合わせてパーソナライズされた複数の商品を組み合わせて、その場で自販機のように提供できる什器「AIレコメンドベンダー」を開発。2022年1月から本格運用を開始した。

 これにより、利用者一人ひとりにあった商品を非接触で提供することが可能となる。また、従来の自販機は、一度の注文につき一商品の販売だったが、同製品は一度の注文で複数個の商品を同時に組み合わせて提供できる。

 また、専用のオリジナルパッケージへの名入れ機能を搭載。世界に一つしかないパーソナライズ商品の提供によって、利用者の新しい顧客体験につながる。

 なお現在同製品は、カネボウ化粧品の化粧品ブランド「KATE」の「KATE iCON BOX」に採用されている。「KATE iCON BOX」では分析結果に合わせて、26色の単色アイシャドウから4色を提案・カスタマイズすることができ、約35万通りの色の塗り方の組み合わせから、オリジナルのアイシャドウパレットを提供している。

 コロナ禍を経て、小売業においてAIやIoTなどのデータとデジタル技術を活用した、新しい顧客体験の提供が注目されている。化粧品業界においては、AIを活用したセルフ型の顔分析ツールが登場し、採用されているが、それらの分析結果が購入にうまく結び付いていないという課題があった。

 そこで、凸版印刷はAI技術を使って顔印象分析から商品提供までを一気通貫できる什器を開発するに至った。今後は、化粧品業界に向けて本製品を拡販し、より広いエリアで新たな顧客体験が可能となるように展開、2025年までに全国で100台の設置を目指す。

【関連記事】
化粧品購入前の試用ニーズは9割/二次流通での購入理由上位に「試し買い」【@cosme、メルカリ調査】
コスメデコルテ、オンラインカウンセリングに「AI肌診断」を追加 肌状態に合ったカウンセリングを可能に
そごう・西武が非接触型のサイズ計測サービスを導入 ニューノーマル時代の接客に対応
博報堂と博報堂プロダクツ、顧客接点コミュニケーションを 非接触・非対面化する「GOGO DX」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/12 13:00 https://markezine.jp/article/detail/38104

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング