SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2021年の電子漫画と音楽配信サービスの支出、2019年比で約2倍に【Zaim 生活DX指数調査】

 1月24日、個人向け家計簿サービス「Zaim」を運営するZaim社は、家計簿データから調査した一般生活者の暮らしにおけるDXの浸透を計測する独自の「DX指数」における「エンタメ」領域を調査し、ステイホームの影響をダイレクトに受けた支出傾向を公開した。

 同社は全国のZaimユーザーを対象にレシート撮影および手入力で登録した記録、ECサイトやクレジットカードから自動取得した購買記録を統計対象に、利用者の生活におけるデジタルサービスの浸透を数値化するZaim「生活DX指数」調査を継続的に実施している。

 今回の調査では、家計簿記録の内「エンタメ」カテゴリに登録されたデータ(※1)を対象に、月ごとの支出総額に占めるデジタル(※2)サービス利用割合を「DX指数」とした。

 ※1「エンタメ」カテゴリの集計対象は「レジャー」「イベント」「映画・動画」「音楽」「漫画」「書籍」「その他」、加えて「インターネット関連」ジャンルと「その他」カテゴリにおける「デジタルコンテンツ」

 ※2「デジタル」は配信サービス、電子媒体などが含まれ、「非デジタル」はその他の購買チャネルでの購買と定義

エンタメ領域のDX指数はコロナ禍前の2.9%から7.5%まで上昇

 現時点での推移をまとめたところ、新型コロナ感染症防止にてステイホームが広がった2020年3月に大きくデジタル化が進み、2.9%で推移していたDX指数は、2020年4月に7.5%まで上昇。その後、非デジタルの回復もあって直近1年は4.3%で推移している。

「エンタメ」DX指数の変化推移
「エンタメ」DX指数の変化推移

 切り口を変え、2019年1月を基準としたDX指数(デジタル)の変化率を見ると、現在も1.5倍程度の水準を保っている。非デジタルは同時期に大きく減少したものの、その後2020年夏に向けて急回復し、2020年8月以降は2019年当時と変わらない水準を維持している。

「エンタメ」領域デジタル/非デジタル別変化率の推移
「エンタメ」領域デジタル/非デジタル別変化率の推移
2021年の「電子漫画」「音楽配信サービス」支出、2019年比で約2倍に

 「エンタメ」内ジャンル内訳としては、「電子漫画」や「音楽配信サービス」はステイホームの広がりと共に増加の勢いが加速し2019年と比較し2021年は約2倍に支出が拡大した。非デジタルの「カラオケ」「映画館」は、コロナ禍より大きく減少し、水準は依然として戻らず低迷しており、引き続き三密傾向のエンタメサービスは嫌気されているとみられる。

 なお、「音楽」ジャンルについては2020年7月に一部配信サービスが年間プランを導入したことにより、一時的に支出金額が拡大しているとも考えられる。

「エンタメ」領域デジタルジャンル別変化率の推移
「エンタメ」領域デジタルジャンル別変化率の推移

【関連記事】
デジタルネイティブ世代の「自己表現消費」傾向が強化/消費行動3フェーズの特徴【電通デジタル調査】
業界別にInstagramの動向を調査 平均エンゲージメント率が最も高いのは「旅行」/パスチャー調べ
コロナ収束後の来店頻度、外食は7割が「戻る」一方、銀行は8割が「今のまま」と回答【電通デジタル調査】
2022年は 「K-POP第四世代」「吸死」に注目!10代女性のトレンド予測【memedays調査】
テレビのネット接続率は41.8%、推定人口は約3,400万人【マクロミル調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/24 17:00 https://markezine.jp/article/detail/38186

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング