SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エステー、ペット用品市場に初参入 「エステーペット」を展開

 エステーは、新ブランドの「エステーペット」を立ち上げ、2022年2月から新たにペット用品市場に初参入。第一弾として、猫用システムトイレを全国のホームセンター、ドラッグストア、ネットショップなどで発売する。

 ペット関連市場は、2016年の4,245億円から2020年には5,034億円へと伸長。内、トイレ用シーツ、猫砂、消臭剤、脱臭剤などの排泄に関連するペットケア用品は745億円から825億円と110%成長している(※1)。

 また、エステーの調査によると、猫を飼育していて困ったことの1位に「トイレや排泄物のニオイがくさい」が挙げられ、ニオイの問題が家庭で飼育する上で課題となっていることが明らかになっている(※2)。

 「空気をかえよう」をスローガンに、独自の空気ビジネスの新技術を活かして社会課題を解決することで、暮らしを明るく元気にすることを目指す同社は、エステー独自の北海道トドマツの間伐材を活用した「クリアフォレスト」の消臭成分がペットの排泄臭に効果的に作用することから、新たにペット用品市場に参入することにした。

 “消臭のエステー”というコーポレートイメージに、ペットケア事業を想起させる新ブランドとして「エステーペット」を立ち上げ、空気を通してペットとの快適な生活空間を提供していく。

※1 富士経済「2017年ペット関連市場マーケティング総覧」、「2021年ペット関連市場マーケティング総覧」
※2 2021年12月エステー「ペットとの生活に関する調査」より

【関連記事】
プレイドがカスタマーサポート領域に正式参入、新会社設立/2022年1月プロダクトのβ版提供開始
ヤマダデンキとサイバーエージェント、販促DXにおいて業務提携を締結し広告事業参入へ
ベクトル、セールステック分野に参入 アポ獲得から商談進捗管理までを一括サポートする「アタレル」を提供
韓国発の法人向けデジタルギフトサービス「mafin」、日本市場に本格参入
ディープラーニングを用いた成果報酬課金対応アプリ向けDSP「RevX」、日本に本格参入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/25 18:00 https://markezine.jp/article/detail/38207

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング