SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂とワークスモバイルジャパン、顧客体験の向上と営業担当者などの業務効率化を実現するツールを提供

 博報堂と、ビジネスチャット「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパンは、マーケティング、セールス、カスタマーサービスの各領域をSalesforce/LINE WORKS/LINE公式アカウントの連携によってシームレスに統合することで、「企業の営業担当者やオペレーターの業務効率化」と「カスタマーエクスペリエンス(CX)の向上」を同時に実現するツール「Marsys Sales Tech」を開発した。

 企業側では顧客データやLINE公式アカウント・LINE WORKSでのコミュニケーション情報をSalesforceに集約でき、一元管理が可能になる。また、顧客側はLINE公式アカウントにおけるサービスや営業担当者とのコミュニケーション、購買、アフターサービスまでの一連の体験をLINE上で一貫して行えるようになる。

 具体的には名寄せ機能、送客機能(営業担当者のLINE WORKSアカウントへの顧客紹介)、営業担当者(LINE WORKS)から顧客(LINE)への一斉配信(または個別1to1配信)による追客機能、AIによるリコメンド(営業支援)、ビデオ通話機能など、LINE公式アカウントおよびLINE WORKSを活用したデジタル営業活動を支援する機能が装備されている。

 また、クライアント企業のDXを推進する戦略組織「HAKUHODO DX_UNITED」が、認知~興味~検討からCRMまで一気通貫したフルファネル型のマーケティングDXを実践し、システム導入後の活用まで支援する。

【関連記事】
博報堂DYホールディングス、クリエイティブ領域のDX推進を目指し研究開発組織「beat」を発足
LINEと日本マイクロソフト、小売業界のDX推進プロジェクトを開始 シームレスな顧客体験の創出を支援
凸版印刷と富士ソフトが協業 両社の顧客ネットワークとDXノウハウを融合し企業のICT支援へ
プレイドと三井物産、新会社「.me」を設立 データを活用したブランド開発やメーカーのDX推進を支援
アドインテ、電通デジタル、電通テック3社、リテールDX専門チーム「Retail-Xing」を結成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/07 17:30 https://markezine.jp/article/detail/38288

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング