SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

【ニールセンが独自調査を元に解説!】変化する消費者と、コミュニケーションプランニングにおける注意点

 MarkeZineは、2022年3月9日(水)~3月10日(木)の2日間にわたり、「MarkeZine Day 2022 Spring」をオンラインで開催する。本記事では、その中から消費者理解/ブランディングに関するおすすめセッションをピックアップして紹介する。

変化する消費者に対し、コミュニケーションはどう変える?

 3月9日(水)の15時20分から行われるセッション「ニールセンの調査結果から見る ポストコロナの消費者とのコミュニケーションのとり方」では、ニールセンデジタル シニアアナリストの高木 史朗氏が登壇。独自調査の結果を元にデジタル消費や購買行動の変化を紐解くとともに、彼らへのコミュニケーションを行う上での注意点を解説する。コミュニケーションプランニングに携わる方におすすめのセッションだ。

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

「バンテリン」を選んでもらうために興和は何をしている?

 「いかに消費者に購入時に想起してもらえるか」はブランドにとって重要事項だ。3月9日(水)の14時40分から行われるセッション「バンテリンコーワの担当者と語る、選ばれるブランドになるための戦略」では、「想起集合(Evoked Set)」の概念を活用し、選ばれるためのブランディング活動を実践する興和の中山 健次氏と、ネオマーケティングの松田 和也氏が登壇。実践内容や戦略を語る。ブランド担当必見の内容だ。

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2022 Spring
日時:2022年3月9日(水)10:00~18:10
   2022年3月10日(木)10:00~18:10
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)
イベント詳細・お申し込みはこちらから

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/15 13:00 https://markezine.jp/article/detail/38351

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング