SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

メディアを横断したプロモーションとデータ活用の極意/SDGs時代の店頭販促とは?【参加無料】

 MarkeZineは、2022年3月9日(水)~3月10日(木)の2日間にわたり、「MarkeZine Day 2022 Spring」をオンラインで開催する。本記事では、その中からプロモーションに関するおすすめのセッションをピックアップして紹介する。

メディアを横断したプロモーションを行うために必要なこととは?

 3月9日(水)の17時30分から行われるセッション「動画配信サービスParaviから学ぶ、メディアを横断したプロモーションとデータ活用の極意」では、動画配信サービスParaviを運営する舩曵慧美氏が登壇。テレビCM、デジタル、DOOHといったメディアを横断したプロモーションプランニングとデータ活用について同社のプロモーションに関わった3社とともにディスカッションを行う。

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

SDGsの流れに合わせた店頭販促戦略

 3月9日(水)の16時50分から行われるセッション「SDGsで変わりはじめた消費者インサイトと求められる店頭販促の変化」では共同印刷の領家隆志氏が登壇。SDGsの関心が高まる中、店頭販促はどうあるべきかを語っていく。本セッションでは消費者インサイトを捉えたデータや、CO2排出量や作業工数の比較などを交えて店頭販促をどうするべきか、豊富な事例も交えて紹介する。

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2022 Spring
日時:2022年3月9日(水)10:00~18:10
   2022年3月10日(木)10:00~18:10
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/25 17:45 https://markezine.jp/article/detail/38444

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング