SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

会員データ×ヤフーのデータで高い精度のアウトプットを実現!アダストリアの最新データ活用に迫る

 データ活用には社内にあるデータを使う以外にも、社外のデータホルダーの所有するデータを使う選択肢がある。GLOBAL WORK(グローバルワーク)やniko and ...(ニコアンド)、LOWRYS FARM(ローリーズファーム)などのファッションブランドを展開するアダストリアは、ヤフーのデータソリューション「DS.INSIGHT」を活用し、社内のデータだけでは得られない示唆を見つけ、商品開発やマーケティングに活かしている。本記事では、同社のデータ活用に携わる3名と、DS.INSIGHTのカスタマーサクセスを支援する荻野氏に活用の詳細を聞いた。

1~2年で社内が積極的にデータを活用する風土に

MarkeZine編集部(以下、MZ):御社がこれまで行ってきたデータ活用について教えてください。

株式会社アダストリア マーケティング本部 WEB事業部/マネジャー 坂野 世里奈氏

坂野:弊社はこれまで、Google BigQueryを駆使して社内データを統合する、BIを活用して自社WEBストア「ドットエスティ(.st)」の会員データや商品レビューデータを可視化するなど、データ活用の土台作りに取り組んできました。

 これらの取り組みにより、これまで半日以上かかっていたデータの抽出時間も大幅に短縮できました。また、BIツールの導入によって、経営層やEC担当、プレス、店舗スタッフなど様々な部門の社員がデータを活用した意思決定を行うようになりました。

 コロナ禍の影響で顧客が現在どのようなことを考えているのか知りたいというニーズも高まり、ここ1~2年で積極的にデータを見る風土になってきたと感じています。

アダストリアがヤフーのデータ活用に踏み切った理由

MZ:幅広い部門がデータを活用して意思決定をしているのは素晴らしいですね。データを活用する土台が固まってきた中、なぜヤフーのDS.INSIGHTの導入に至ったのでしょうか。

坂野:大きく3つの理由から、DS.INSIGHTの導入を決めました。1つ目は、社内のデータだけでは、お客さまの理解に限界があるためです。ドットエスティの会員データが主になっているため、基本的には購入いただいた方のことしかわかりません。そのため、ブランドを知らない方や知っているけど購入していない方たちが、どういった行動をしているのか知りたいと考えました。

 2つ目は、DS.INSIGHTが次のアクションに活かしやすそうだと考えたからです。社外のデータ活用を検討する際、「意思決定にもつながるかどうか」を念頭に置いていました。導入前にDS.INSIGHTのデモを拝見した際、その点は問題ないと感じましたし、トライアルで活用した際の社内の反応も良かったです。

 3つ目は、簡単に操作できるためです。素晴らしいソリューションを導入しても、操作性が専門的すぎると、担当スタッフがいなくなると継続的に活用できません。DS.INSIGHTは、簡単に操作できてアウトプットにも活かしやすく、若手スタッフにも使い方を継承しやすいと感じました。

次のページ
自社ブランドと親和性の高い要素をヤフーのデータで導き出す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/05 11:30 https://markezine.jp/article/detail/38554

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング