SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

最新調査レポート

【モバイルリサーチ】公式サイト派?勝手サイト派?企業のモバイルサイト保有動向


モバイルのビジネス環境は急激な変化を遂げている。IMJモバイルでは「企業のモバイルサイトへの取り組み実態及び意識調査」を行なった。勝手サイトよりも公式サイトにブランディング効果を求めるなど、企業がモバイル環境をどう見ているのか検証していった。【バックナンバーはこちらから! 】

調査結果概要

 IMJモバイルでは、自社のモバイルサイトの企画・立案や意思決定をする立場の担当者を対象にモバイルサイトの取り組み実態や、今後の取り組み意向について調査を実施いたしました。

調査結果のトピック

  • モバイルでのターゲティングユーザーは、F1・M1層。学生への意識はPCを上回る
  • 保有するモバイルサイトは、公式サイトが69%、勝手サイトが74%
  • モバイルサイトの保有意向は高く、公式サイト保有意向(88%)はさらに高い
  • モバイルサイトは「販売促進」、「商品の認知促進」を重視
  • 36%がフィルタリングサービスでモバイルサイト運営方針に影響
  • 公式サイトへの期待は、集客や信頼性、ユーザーIDによるマーケティング効果
  • 投資額は、大企業の半数が1,000万円以上、2割は5,000万円以上を検討、企業規模に応じて2極化

調査概要

  • 調査方法:    インターネットリサーチ
  • 調査地域 :   全国
  • 調査対象 :   25歳以上の男女 調査会社が保有する調査パネル
  • 有効回答数:   310サンプル
  • 調査日時 :   2008年5月12日~5月13日

回答者プロフィール

  • モバイルサイトを保有している、または保有予定・検討している企業に勤務
  • 自社で保有している、または保有予定のモバイルサイトに対する以下の権限を持つ
  • 企画立案に関与している
  • 投資に関する意思決定に関与している
モバイルサイト保有状況(n=310)
従業員規模(n=310)
モバイルサイト保有状況(n=310)
従業員規模(n=310)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Data1:モバイルサイトのターゲット層

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
最新調査レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社アイ・エム・ジェイ R&D室(カブシキカイシャアイ・エム・ジェイ アールアンドディーシツ)

IMJグループ では、デジタルマーケティングに関わる様々な情報を、多様な視点から調査・分析を行い、各種調査レポートを発信しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/09 11:21 https://markezine.jp/article/detail/3857

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング