SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

マスク着用の顔認証だけじゃない!Apple「iOS15.4」の新機能は、UXデザインやビジネスに何をもたらすのか

 今回のテーマはApple「iOS15.4」の新機能。解説するのは、デジタルプロダクション「factory4」でアプリやさまざまなIoTプロジェクトのUIUXデザインを手がける新谷友樹さんです。

 こんにちは!株式会社Cosmowayが組織するデジタルプロダクション「factory4」のUIUXデザイナー新谷です。今回は、3月にアップデートされたApple「iOS15.4」の新機能やUIUXデザインにフォーカスします。

出典:Apple iOS 15

出典:Apple iOS 15

 マスク着用のままFace IDでロック解除可能になるということで、アップデート前から話題となっていました。しかしそれ以外の機能で見過ごすことのできない興味深い機能がリリースされています。それは今後のUXやクリエイティブ、ビジネスに大きく変革をもたらす可能性がありそうなので考察してみました。

まずは「iOS15.4」注目の新機能はこれ

 アップデートにより、おもに追加・変更された機能は次のようになります。冒頭でも少し触れましたが、マスク着用したままでのFace IDの使用は、多くのユーザーが待ち望んだ機能ではないでしょうか。

おもな新機能

  • マスク着用時でもFace IDが使えるオプションを追加
  • ユニバーサルコントロール
  • 新しい絵文字を多数追加
  • オフラインの間もSiriが日付と時刻の情報を応答可能
  • iPad回転時に、音量ボタンの位置が状況に応じて自動で入れ替え
  • SharePlay対応アプリの共有画面にSharePlayボタンを追加
  • iPhoneやiPadを非接触型決済端末にするTap to Pay

※国内では未リリースの機能もあります。

マスク着用でのFace IDで顔認証を実際に使ってみた

 「iOS15.4」ではマスクを着けていてもFace IDが使える「Use Face ID With a Mask」オプションが追加されています。

 今でもマスク着用中は、Apple Watchを着けていればiPhoneのロック解除はできますが、新機能ではiPhoneのロック解除だけではなく、Apple Payの支払いもマスク着用のままでOKになりました。

使用できる端末について

使用できる端末は、iPhone 12かそれ以降が対応端末となります。iPhone12、12 mini、12 Pro、12 Pro Max、iPhone13、13 mini、13 Pro、13 Pro Maxが含まれます。残念ながら、現状はiPhone11以前は対応していません。

これは推測ですが、マスク以外の特徴、つまり顔上部の特徴にフォーカスして判定を行う場合に、TrueDepthカメラやセンサーの性能に依存している部分があるのではないかと思いました。

iOS 15.4にアップデートし再起動すると、Face IDに再登録の必要も

 iPhoneをiOS 15.4にアップデートし再起動すると、マスク着用時のFace IDの設定をするか尋ねられ、同意すると再登録する流れとなり顔をスキャンします。

 やりかたは簡単で、以前と同じように顔スキャンを2回登録し直すだけです。Face IDの設定画面では「マスク着用時にFace IDを使用」がONになっています。

注視することでセキュリティレベルが向上

ただ、セキュリティレベル向上のために注視する必要があります。サングラスは注視検出が機能せず目を検出できないため、マスク付きFace IDは利用できない、もしくは検出しにくくなります。マスク着用時は、目元の特徴などを検出するため、マスクなしと着用では検出方法が少し変わってくると思われます。

上記のように登録し直すだけで、マスク着用したままのFace IDは問題なく動作しました。今回のアップデートによりUXが大きく向上した新機能のひとつとなっています。長らく待ち望まれている「Touch ID」搭載のiPhone新モデルの発売が噂されていますが、マスク着用でもFace IDが使用できるとなれば、そのためにTouch ID搭載機種を選ぶ必要もなくなり、選択の幅がまた増えそうな予感がしますね。

この記事の続きは、「CreatorZine」に掲載しています。 こちらよりご覧ください。

※CreatorZineへの会員登録(無料)が必要になる場合があります。

  

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/09 16:00 https://markezine.jp/article/detail/38934

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング