SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Beacon Bankとモバイル空間統計が連携、ピンポイントな場所の人数や属性を高精度に推計

 unerryの運営するリアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」は、ドコモ・インサイトマーケティングの提供する「モバイル空間統計 人口分布統計(リアルタイム版)」(以下、モバイル空間統計)とのプロダクト連携を開始した。

 Beacon Bankには、月間300億件超(2022年6月現在)のGPSやビーコン反応等の位置情報ビッグデータが蓄積され、ピンポイントな来訪検知や、それらを解析した人流の可視化・分析、広告や1to1マーケティングサービスなどを提供している。今回、新たにモバイル空間統計の国内全域500m四方の年代性別の属性別流動人口(推計人数)がBeacon Bankに連携された。

 モバイル空間統計は携帯電話ネットワークの仕組みを使用し、ドコモの携帯電話台数をもとにメッシュ単位の人口を推計するシステム。一方、Beacon Bankは、ピンポイントな点での位置情報を蓄積しており、そこから施設や店舗、道路の利用者数など、様々な粒度や切り口で人数を推計できる。

 これらの異なる2つのデータを組み合わせることで、ピンポイントな場所の人数・属性推計精度が向上する。

unerry×モバイル空間統計_組み合わせによる精度向上
unerry×モバイル空間統計_組み合わせによる精度向上

 unerryは今後、リテール分野において来店人数の推定および予測の精度向上を図り、弱みのある時間帯・商圏での集客強化といった集客・販促分野でのDXを推進していく。

 また、様々な媒体やコンテンツの視聴者が、どこへの来訪・購買などにつながったかなどを解析し、メディア効果の可視化と価値向上にも取り組む予定だ。

 スマートシティ分野においても、交通手段別の移動や混雑など実態の分析や、市街地の人の行き来を分析しての回遊促進、人流データを活用した「EBPM(エビデンスに基づく政策立案)」対応のまちづくり支援などを推し進めていく。

【関連記事】
unerryと博展、位置情報活用したイベント集客特化のデジタル広告「イベシルAD」提供開始
unerryと「tenki.jp」、人流データ×気象データ連動のプッシュ配信サービスを開発
unerryとカインズが資本業務提携 購買データ×行動データによる顧客体験向上を目指し連携強化へ
unerry、昭文社らと鎌倉市、観光客の行動調査で協定 ビーコンログや旅行情報アプリのデータを活用
ヤフー、東京23区の来訪者数等の推計データを公開 新型コロナの影響分析に活用可能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/09 16:14 https://markezine.jp/article/detail/39179

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング