SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

unerryとカインズが資本業務提携 購買データ×行動データによる顧客体験向上を目指し連携強化へ

 unerryとカインズは資本業務提携契約を締結し、カインズにおける顧客体験向上を目的としたデータ活用を強化する。

 unerryは、リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」を運営する企業。位置情報ビッグデータや独自のIoTセンサーデータに基づき、実店舗の内外における消費者行動を捉えてAI解析できるほか、それらの解析データと連動した店舗集客や回遊促進、商品販促、リアルタイム混雑度評価などのリテールDXサービスを展開している。

 これまでもunerryはカインズのデータ活用を支援してきたが、本提携により2社は連携を強化。データの集積と活用を通じて顧客体験の向上を目指す。

 また、ID-POSデータや行動ビッグデータなどを活用した店舗のメディア化を推進し、メーカーとの連携も深めていく。

【関連記事】
unerryがジェイアール東日本企画が連携 交通広告とSNS広告を合わせた広告商品のテスト販売を開始
三菱商事・ユービーエス・リアルティとunerryが連携 位置情報の活用で商業施設のDXを推進
博展とunerry、イベント来場者の行動分析・デジタル施策への連携を可能にする「イベシル」を提供開始
プレイドとJ-WAVE、「CX AWARD 2020」発表 YOASOBI・あつ森・カインズらが受賞
博報堂DYホールディングス、スイッチスマイルと資本業務提携 生活者のオフライン行動データを活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング