SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通プロモーションプラス、「リテールDXサイネージ Shelf Motion」提供へ

 電通プロモーションプラスは、「リテールDXサイネージ Shelf Motion(以下、Shelf Motion)」の提供を開始した。「Shelf Motion」では、商品をリアルタイムに自動認識するAI映像解析システム「StoreMotion」と、デジタルサイネージの映像配信システムの連動により、商品を手に取ったタイミングで最適なプロモーションを実現する。

 具体的には、店舗ゴンドラにカメラを設置し、映像解析用PCと繋ぐだけで、小売り・流通の様々な棚にマッチしたシステムを柔軟に構築することができる。また、システムへの商品登録、RFIDや重量センサー等を使うことなく、設置したカメラで、AIに店頭での商品の取り出し・戻しを撮影したデータを学習させることにより数分で登録可能だ。

 使用例として、原材料や添加物といった食品表示や、サイズ・カラーバリエーション・機能や効能といった詳しい商品説明を表示することで、購買のあと一押しに役立つ。

 また、アルコールにおつまみ、お茶やソフトドリンクにスナック菓子といった従来型のクロスマーチャンダイジングだけでなく、売場に集約しづらい異カテゴリー商品のコンテンツを表示することで買い上げ点数アップへ繋げられる。

 また、同ソリューションによって生活者の商品接触のデータ化が可能になるため、「手には取ったが購入に至らなかったのはなぜか」といった分析に繋げ、プロモーション施策やコンテンツ制作等の施策改善にも役立てることができる。

【関連記事】
シャープマーケティングジャパン、デジタルサイネージの視聴分析ソリューション(※1)を提供開始
アドインテがエム・データと業務提携 「トレンドサイネージメディア」でテレビで話題性の高い商品をPR
インテージ、サイネージサービス「楽ラク!デジボード 定番長」を冷蔵定番棚へサービス拡大
視聴者属性の分析結果を自動集計 オープンストリームらがサイネージの効果測定システム「あいも」を開発
アビックス、「AIサイネージソリューション」の販売を開始 店舗や施設などのAI活用を促進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/13 15:30 https://markezine.jp/article/detail/39183

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング