SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドインテがエム・データと業務提携 「トレンドサイネージメディア」でテレビで話題性の高い商品をPR

 アドインテは、エム・データとの業務提携を発表。これにより、テレビ番組やテレビCMの放送内容からトレンド商品を検知し、タイムリーに店舗に設置されたサイネージや自社アプリに広告を自動配信する「トレンドサイネージメディア」の提供を開始した。

クリックして拡大

 アドインテは、IoTとAIを活用し、流通小売り・メーカーのDX支援・リテールメディア開発・運用を行う企業だ。エム・データは、テレビCMほか、番組での商品紹介なども含めた放送内容をテキストにした「TVメタデータ」を提供している。

 同サービスでは、TVメタデータから話題となる商品を検知し、店内のデジタルサイネージを通して該当商品のPRが可能に。また、デジタルサイネージや自社アプリを通してコンテンツを切り替えるため、店舗スタッフの業務負担軽減にもつながる。

【関連記事】
フジ・メディア・ホールディングス傘下のクオラス、テレビCMの効果分析サービス「qTAS」を提供開始
ノバセル、テレビCM効果を可視化し競合分析や業界トレンドが把握できる「ノバセルトレンド」の提供を開始
丸ノ内線新宿駅プロムナードエリア、縦型サイネージなどを設置 合計80mにおよぶエリアをジャック可能に
クラウドポイント、大阪の複合商業地下街「ホワイティうめだ」にて204面のデジタルサイネージを設置
「暇潰しになる」と回答した人の割合は鉄道広告が最多/テレビCMは約3割/メトロアドエージェンシー調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/19 10:15 https://markezine.jp/article/detail/39012

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング