SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ノバセル、テレビCM効果を可視化し競合分析や業界トレンドが把握できる「ノバセルトレンド」の提供を開始

 ノバセルは、検索データとノバセルの分析法を活用し、他社CMの効果を可視化する「ノバセルトレンド」の提供を開始した。

 同ツールは、ノバセルがSaaSプロダクトとして提供してきたクラウド型テレビCM運用ツール「ノバセルアナリティクス」の派生サービスだ。自社のテレビCM効果だけではなく、競合他社のテレビCM効果が情報取得できるツールで、業界の勝ちパターンを把握することが期待できる。具体的には3つの特徴が挙げられる。

 1つ目が、独自開発の評価軸だ。大手検索エンジンと共同で、ノバセルの特許取得済みの技術を用い、瞬間指名検索増分を計測。テレビCMによる瞬間指名検索数、つまり「どれだけ視聴者の検索アクションにつながったか」を評価軸に可視化する。

 2つ目が、ブランド別・枠別・クリエイティブ比較ができることだ。テレビCM効果と出稿量の双方の観点でデータを取得。ブランド別の検索獲得効率、枠別(局/曜日時間/番組)の検索獲得効率、クリエイティブ素材別の検索獲得効率、ブランド別投下総量・時系列投下量、枠別の投下量、クリエイティブ素材別の投下量などのデータにアクセスができる。これまで時間と費用をかけて収集してきた他社情報を効率的に分析することが可能だ。

 3つ目が、月額課金の料金体系だ。SaaSプロダクトとして、利用のしやすい月額課金プランを設定。また、同社がこれまで展開してきたテレビCM企画・放映・効果分析のフルパッケージに対応する戦略立案チームやデータ分析チームなどが在籍するため、データを次に生かすためのアドバイス・サポートに関してもオプションサービスで用意している。

【関連記事】
ノバセル、最短20分で100名の顧客の声を集めて定量調査する「ノビシロ」の提供を開始
テレビCMとWeb広告の運用を成果報酬型で支援 ノバセルとADREXが「X-MAX」を共同開発
スイッチメディア、ADK MS、ノバセルが業務提携 テレビメディア領域のマーケティング支援を強化
ノバセルとAppsFlyerが提携 テレビCM放映前後のアプリダウンロード数の可視化をシームレスに
ノバセル、ビジネスパーソンが利用する空間をジャックする「BtoBマーケティング攻略パッケージ」提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/19 18:03 https://markezine.jp/article/detail/38824

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング