SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

note、新機能「メンバーシップ」実装 クリエイターの収益化を支援、創作活動を後押し

 7月13日、noteは新機能「メンバーシップ」の提供を開始した。同機能を使うと、誰でも月額制サブスクリプション方式でファンや仲間から支援を受けられるようになる。クリエイターは支援者と交流できるコミュニティやファンクラブを運営したり、作品や活動の裏側を会員だけに公開することができる。これにより、クリエイターが収入を得るチャンスを広げ、創作活動が続けやすくなることを目指す。

メンバーシップの主な機能(note既存機能との比較)

メンバーシップの主な機能(note既存機能との比較)

 近年、インターネットの発展で誰でもコンテンツや商品を発表・販売できるようになり、「クリエイターエコノミー」の総市場規模は約1,042億ドルと推定されている。また、厚生労働省が企業へ副業容認の有無を公表するように促すなど、個人が収益を得る流れは、今後も加速が予想される。「メンバーシップ」機能は、こうした流れを受け開発された。作品の販売にとどまらず、クリエイターの活動ジャンルや達成したい目標に応じて、幅広く活用できる。

 開始日には漫画家、ジャーナリスト、料理家など、各方面で活躍するクリエイターのメンバーシップが約3,000件開設された。

 メンバーシップの活用例は以下の通り。

人気店「肉山」代表・光山英明氏

 お店づくりのヒントの発信、参加者同士での飲食店経営における事例共有、オフ会などを実施。

奈良の手芸用品店・あみもの工房Sheepl

 オンラインでの編み会や交流、新商品の先行販売などを参加者に提供。

メンバーシップイメージ画像
メンバーシップイメージ画像

【関連記事】
Voicyとnoteが連携 プラットフォームをまたいだブランディング支援を開始
note、教育委員会向け「note pro一括導入プラン」提供開始 学校のサイトをまとめて開設可能に
note、クリエイターが安心して創作できる環境作りを強化 依頼制作のガイドライン公開、勉強会を開始
「note proマーケティングパートナー」発足、メディア運営継続の専門家とのマッチングを開始
BASE、noteと資本業務提携を締結 両サービスの行き来をスムーズにする機能開発を共同で進める

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/15 16:30 https://markezine.jp/article/detail/39462

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング