SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

note、クリエイターが安心して創作できる環境作りを強化 依頼制作のガイドライン公開、勉強会を開始

 noteは、同社が運営するメディアプラットフォーム「note」において、クリエイターが安心して創作できる環境作りのため、サービス上の安心安全に対する取り組みや勉強会の開催、共通認識を持つためのガイドライン作りなどを強化していく。その取り組みの一環として2種のガイドラインを公開し、クリエイター向けの勉強会の開催を実施する。

 今回公開したガイドラインは、依頼主向け「企業・団体がnoteのクリエイターにコンテンツ制作を依頼するときのガイドライン」、クリエイター向け「クリエイターが第三者からの依頼でコンテンツ制作をするときのガイドライン」の2種。金銭・物品などの提供が発生するコンテンツ制作において、クリエイター・依頼主が知っておくべき知識やルールを伝えることで、双方を守り、読者により良い情報を届けることを支援する。

 また同社では、インターネットで情報を発信する際に必要な知識・考え方を共有するオンライン勉強会シリーズ「安心創作勉強会」をスタート。2021年7月15日(木)に開催する第1回は「クリエイターが知っておきたい著作権」をテーマに掲げ、弁護士であり独立クリエイター/アーティスト専門のバックオフィスパートナー企業「シロシ」のCEOでもある山田邦明氏をゲストに迎え、クリエイターに学びの場を提供する。

【関連記事】
「note proマーケティングパートナー」発足、メディア運営継続の専門家とのマッチングを開始
博報堂とnote、企業・ブランドのパーパスを発信・可視化するサービス提供開始
BASE、noteと資本業務提携を締結 両サービスの行き来をスムーズにする機能開発を共同で進める
Webニュース記事ごとの仮想PVを算出 PR効果測定サービス「Qlipper」に新機能追加
メディアエクイティ、記事作成の発注に特化したクラウドソーシングサービスを正式リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/28 16:15 https://markezine.jp/article/detail/36668

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング