SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』人を育てる。組織を育てる。

組織×事業の両軸からDXの実現へ イーデザイン損保CMO友澤氏に聞く、組織変革と人材育成

 マーケティング業界でも深刻な問題となっている人材不足とどう向き合い、どこに解決の糸口を見つけるか? また、ビジネスをリードできる強いマーケティング組織をいかに作っていくか? 各社の取り組みを探る本連載。第9回は、イーデザイン損害保険(以下、イーデザイン損保)のCMO友澤大輔氏を取材した。企業変革、DXに関して豊富な経験を有する友澤氏が、全社でDXを進めている同社のCMOとして任されたミッションとは?

※本記事は、2022年7月25日刊行の定期誌『MarkeZine』79号に掲載したものです。

マーケティングとデータで企業変革をドライブする

東京海上ホールディングス株式会社デジタル戦略部 シニアデジタルエキスパート/イーデザイン損害保険株式会社 CMO友澤大輔氏 新卒でベネッセコーポレーションに入社。その後、ニフティ、リクルート、楽天、パーソルホールディングスなどで、マーケティングとデータを軸にした事業および組織の変革に取り組む。2021年4月より現職。
東京海上ホールディングス株式会社 デジタル戦略部
シニアデジタルエキスパート/イーデザイン損害保険株式会社 CMO友澤大輔氏

新卒でベネッセコーポレーションに入社。その後、ニフティ、リクルート、楽天、パーソルホールディングスなどで、マーケティングとデータを軸にした事業および組織の変革に取り組む。2021年4月より現職。

――イーデザイン損保は、CX向上を目的としたビジネスモデルのDXを推進し、インシュアテック保険会社(※1)への変革を強力に進められてきました。2021年11月には、デジタル戦略に基づく第一弾として新自動車保険「&e(アンディー)」を発売されています。

 はい。従来の自動車保険は、事故にあったときに補償してもらうためのものでした。実際にお客さまからも「日々の生活では役に立たない」「保険のこと自体あまり考えたくない」「面倒くさい」といった声をいただいており、こうしたお客さまの不満をテクノロジーの力で解決できないか? と考えたところから「&e」の開発は始まっています。「&e」では、事故時の補償はもちろんですが、IoTセンサーとスマートフォンアプリを連携させて日々の運転をスコア化したり、事故にあわれたときはセンサーが検知した情報とスマートフォンのGPSデータを使用したりと、最新のテクノロジーを顧客体験(CX)に紐づけることにこだわってサービスを設計しています。

 また、遡ると、イーデザイン損保の変革は約3年前から始まっています。新中期計画を発表し、ミッション・ビジョン・バリューを再定義したのは2021年4月でしたが、ベースにある考え方や構想については、以前から社長の桑原がクルー(社員)に提示していました。基幹業務システムの刷新、「&e」の企画開発、ミッション・ビジョン・バリューの再定義、この3つを並行して進めてきた形ですね。

――そうした変革が進んでいる最中の2021年4月にイーデザイン損保にジョインされた友澤さんのミッションは?

 私は現在、東京海上ホールディングスのシニアデジタルエキスパートと、イーデザイン損保のCMOという2つの職務を担当させていただいております。大きく言うと東京海上グループ全体のDXが私のミッションなのですが、ホールディングス全体で青写真を描いて、変革を進めていくのは、やはりなかなかに難しい。そこで、イーデザイン損保の事業にディープダイブし、マーケティングや企業アライアンスの領域でDXをリードする役割を担っています。

 具体的に、入社してから今日まで私が行ってきたのは、従来のマーケティングの在り方からのアップデートです。保険業界のマーケティングの課題として、価格競争に依る部分が非常に大きいことがあります。また、社内の様子を見ると、過去の出稿スタイルを踏襲し、勘と経験をベースにマーケティングを行っているような状況でした。こうした従来のマーケティングを「パーパスドリブン」×「データドリブン」に変え、お客様に「&e」やイーデザイン損保が目指す世界観を伝えていく、共感を得ていくということに挑戦中です。

この記事はプレミアム記事(有料)です。
個人向け購読はこちら 法人向け購読はこちら

定期誌『MarkeZine』購読者の方はこちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
企業変革で考えるべき「5つのション」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
定期誌『MarkeZine』人を育てる。組織を育てる。連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/28 08:30 https://markezine.jp/article/detail/39479

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング