SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ADKMSと日本IBM、開発支援パッケージ「CASES」提供 サステナビリティと顧客体験の融合目指す

 ADKマーケティング・ソリューションズ(以下、ADK MS)は、日本アイ・ビー・エム(以下 、日本IBM)との共同事業であるCXコンサルティング・ユニットalphaboxで、企業のサステナビリティ活動の推進・浸透を支援する新たな手法「CASES」の提供を開始した。

 現在、多くの日本企業において、SX(Sustainable Transformation/サステナブルな事業への転換)とCX(Customer Experience/顧客満足度)が違う方向を向いていることがサステナビリティ活動の障害となっている。つまりSXの視点では理想的な体験が、必ずしもCX視点では生活者が望む体験にはなっておらず、結果として、企業がサステナビリティ活動の導入を躊躇してしまうという現状がある。これを解決し、生活者に自然とサステナビリティ活動ができるように促す顧客体験の構築を目指し、CASESは開発された。

 「CASES」の特徴は以下の通り。

1. SX×CX=SCX(Sustainable Customer Transformation)

 現状の一連の顧客体験を「顧客満足度」と「サステナビリティ」の2軸から分析し、各体験における課題と解決策の方向性を特定してく。サステナブルな行動を促し、SXとCXのギャップを解消していくアプローチで、施策を検討する。

2.有効なSX×CXアイデア創出のための4つのアプローチ

 サステナビリティに対するアプローチを中核に据えながら、「デジタル体験」「人の行動特性」「デザイン」「空間」という4つの視点からのアプローチにより、生活者自身が自ら行動したいと思えるような仕組み・仕掛けを開発していく。

【関連記事】
【回答者特典あり!】MarkeZineがアンケート調査を開始
電通、「サステナビリティ・コミュニケーションガイド」を発行 サステナビリティに関する取り組みを支援
コーセーと花王が協働 化粧品事業のサステナビリティ領域で環境保全や啓発活動に取り組む
約10年で「サステナビリティ」へのイメージ具体化/「2030年」から不安を連想する日本【電通調査】
ADK MSと日本IBM、共同事業の「alphabox」において生命保険業界のCXに関する調査を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/01 19:00 https://markezine.jp/article/detail/39896

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング