SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、「サステナビリティ・コミュニケーションガイド」を発行 サステナビリティに関する取り組みを支援

 電通は、電通グループ横断でサステナビリティに関するプロジェクトを推進する「サステナビリティ推進オフィス」および「電通Team SDGs」のもと、「サステナビリティ・コミュニケーションガイド」を発行した。

 電通 Team SDGsは、2018年に「SDGsコミュニケーションガイド」を企画・制作のうえ無料公開していた。今回発表されたガイドは、同社が以来事業を通じて蓄積してきたサステナビリティ領域の知見と、有識者による意見を新たに加えたもの。

 同ガイドは、直近数年間のサステナビリティに関する国内外の情勢を提示するとともに、コミュニケーションを行う際の検討・企画・制作・発信など各段階のチェックリストと、押さえるべき環境と人権に関する視点もまとめている。

【関連記事】
電通デジタル、事業リポジショニングの専門チームを発足 クリエイティブ発想から事業の伸び悩みを解決
電通と電通グループ7社、地域経済の活性化を目的とした「地域のためのEC研究所」を発足
映像制作時の廃棄資材と人員の削減に貢献 電通クリエーティブXらが「メタバース プロダクション」を発足
コーセーと花王が協働 化粧品事業のサステナビリティ領域で環境保全や啓発活動に取り組む
約10年で「サステナビリティ」へのイメージ具体化/「2030年」から不安を連想する日本【電通調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/23 18:00 https://markezine.jp/article/detail/38040

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング