SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TBWA HAKUHODO、企業の気候変動への対策集「気候変動アクションガイド ビジネス版」を公開

 TBWA HAKUHODOとFUKKO DESIGNは、昨年公開した個人向けの「気候変動アクションガイド」の第二弾として、企業や団体など組織に所属する人たちのための「気候変動アクションガイド ビジネス版(以下、ビジネス版)」を発表した。

 「気候変動アクションガイド」は、気候変動に関する複雑な情報やデータについて、イラストを交えてわかりやすくまとめたもの。

 同ガイドの発表後、会社で気候変動対策を行うためのビジネス版ガイドが欲しいという要望を受けたため、第二弾として、企業や団体などの組織に所属する人たちに向けた対策集である「ビジネス版」が制作された。

 「ビジネス版」では、気候変動による企業などに対する影響や、企業が取り組む意義、そして、具体的なアクションなどをまとめている。さらに、組織として気候変動対策を行うのは決して容易ではないため、社内外を巻き込みながら行っていく具体的な推進方法なども紹介。わずか4ページの資料で実際に行動に移せる構成になっている。

 本アクションガイドの制作には、「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)の第6次評価報告書の主執筆者の一人である気候科学者 江守正多氏といった、第一弾の制作に参加したメンバーに加え、ESG投資やサステナビリティ経営の専門家である経営コンサルタント 夫馬賢治氏も参加している。

 「ビジネス版」は以下の4ページにまとめられている。

  1. KNOW 地球温暖化でビジネスはどうなる?
  2. THINKなぜCO2排出の実質ゼロに取り組むの?
  3. PLAN どうやって実質ゼロに取り組んでいくのか
  4. ACT仲間の輪を広げて自社や業界を動かそう

【関連記事】
【回答者特典あり!】MarkeZineがアンケート調査を開始
クロス・マーケティンググループとインパクトHDが提携 滞留在庫を活用しSDGsへの取り組み強化
SDGsを巡る購買行動/10代においては意識の高い層と低い層の両極化が浮き彫りに【博報堂調査】
コーセーと花王が協働 化粧品事業のサステナビリティ領域で環境保全や啓発活動に取り組む
富士通と電通とISID、企業の継続的な事業成長と環境社会課題の解決に向けて戦略的協業に合意

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/26 16:45 https://markezine.jp/article/detail/40114

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング