SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Google Earth」をブラウザに表示するプラグイン登場

 高解像度の航空写真で構成された地上の風景を自由自在に閲覧することができる「Google Earth」はこれまで専用のアプリケーションを使って閲覧可能となっていたが、5月に発表されたGoogle Earth APIを使った新しいプラグイン「Google Earth Browser Plugin」によって、Webブラウザ上でGoogle Earthを表示させることが可能となった。

Googleマップをウェブページに貼り付けるように、Google Earthを表示させることもできる

 JavaScript APIを使えば、視点のコントロール、線や目印、ポリゴンを作ったり、Webからダウンロードした3Dモデルを地球上に設置することもできる。また、宇宙空間を閲覧できる「Sky モード」に切り替えれば、他の惑星や星々にも自作のコンテンツを配置することも可能になる。

【関連記事】
ブラックホールの場所はどこ? Google Earthに宇宙映像を表示する「Sky」機能が登場
バレンタインデーにおすすめ、Google Earthで見る世界の「ハート型ツアー」
Google Earthを使った「地球規模」の謎解きキャンペーン
世界初の試み「Google Earth内にニュージーランド政府観光局のオフィシャルレイヤー登録」
TBS「世界遺産」とGoogle Earthが初コラボ、世界遺産の情報提供スタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/10 17:10 https://markezine.jp/article/detail/4022

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング