SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ドコモ、iメニューのスポンサー表示制が23日からスタート

 ドコモは6月23日から、iモードポータルサイト「iMenu」の「メニューリスト」の第2階層に含まれる一部ジャンルの公式サイト表示を、コンテンツ提供事業者による入札に基づくスポンサー表示に変更する。対象ジャンルは、「メニューリスト」の第2階層にある、「働く/住む/学ぶ」「着うたフル」「着うた/着モーション」「着信メロディ/カラオケ」「メロディコール」「待受画面/フレーム」「ゲーム」「占い/診断」「コミック/書籍」「デコメール」の10ジャンル。

変更後の対象10ジャンルの表示イメージ
第2階層ページ上部にはスポンサーサイトの表示であることを示す注意書きが表示される

 一方、対象ジャンル以外のランキングサイト、および対象ジャンルの第3階層は、従来どおり利用者数によるランキング表示となる。この違いを利用者が認識できるよう、対象10ジャンルの第2階層ページの上部には「このページに掲載されているサイトはスポンサーサイトです。」という注意書きが表示され、それ以外のページには「このページは利用者数順に掲載しています。」と表示される。

変更後の非対象10ジャンルの表示イメージ
利用者数順の掲載であることを示す注意書きが表示される

 今回のメニュー表示の変更について、ドコモには人気サイトが固定化する傾向を打破する意図もあるようだ。メニュー自体を広告商品とした試みは、6月23日の朝9時頃からスタートする。

【関連記事】
NTTドコモ、iメニューの公式サイト表示の一部を6月から入札で決定
NTTドコモ、新広告キャンペーン「ドコモのあなたに、Answerを。」をスタート
変わるドコモを象徴する「赤」、「ドコモ2.0」の攻撃的なレッドから新ロゴの「ドコモレッド」に変わるまで
NTTドコモの長すぎる苦戦、携帯電話単独でもシェア50%割れは秒読みへ?

【お詫びと訂正】

記事公開当初、見出しが「ドコモ、iメニューのスポンサー表示制が来週スタート」となっておりました。お詫びして訂正いたします。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング