SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SMS配信サービス「Cuenote SMS」、多要素認証対応の新バージョン提供開始

 ユミルリンクは2022年12月5日から、SMS配信サービス「Cuenote SMS」に多要素認証に対応した新バージョンを提供開始した。

 「Cuenote(キューノート)」シリーズはシンプルな操作性と高い稼働率が特徴のメール・SMS配信サービス。月間のメール・SMS配信数は69億通に上る。

 今回提供された新バージョンでは、より厳重なセキュリティ対策の一環としてワンタイムパスワードによる多要素認証に対応し、セキュリティを強化した。ワンタイムパスワードの表示は、ハードウェアトークン、ソフトウェアトークンの双方に対応し、以降Cuenote SMSの標準機能として提供される。

 近年のリモートワークの普及により、オフィスに限らず自宅等で業務にあたるケースが増加している。そのため、SMSにもオフィス以外の業務環境からのログイン時にも強固なセキュリティを確保できる方策が求められていることを受け、同社は今回の機能強化に至った。

 ログイン時に必要な「ID・パスワード」による認証に加え、今回新たに、ワンタイムパスワードを加えた多要素認証に対応することで、利用企業の環境に合わせた、より柔軟かつ実効性の高いセキュリティ対策を実現している。

【関連記事】
Webアンケート・フォームシステム「Cuenote Survey」、GA4との連携が可能に
ユミルリンク、メール配信システムCuenote FCのマイページ機能をリニューアル
Cuenote SMS、発信元番号の使い分けに対応 複数部門におけるSMSの活用・管理が容易に
ユミルリンク、メール配信システム「Cuenote FC」にWebトラッキング機能を追加
Webアンケート・フォームシステム「Cuenote Survey」 のUIが刷新、GAと連携可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/07 17:30 https://markezine.jp/article/detail/40767

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング