SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

顧客の声に応え続けたら、市場が生まれた。「伊良(いよし)コーラ」がクラフトコーラブームを作れた理由

 昨今ブームとなり、現在はコンビニなどでも手に取ることができるようになったクラフトコーラ。その市場作りをけん引しているのが、「伊良コーラ」だ。本記事では伊良コーラの代表でクラフトコーラ発祥人であるコーラ小林氏に、伊良コーラ成長の軌跡と商品開発や実店舗展開で大事にしていることを聞いた。

自分が作りたい・飲みたいものを商品に

――伊良コーラの商品開発の中で、大切にしていることを教えてください。

 一番大事にしているのは、「自分が飲みたいか、作っていて楽しいか」という視点です。伊良コーラを購入いただく方の多くは、自分と近い年齢層になっています。売れる商品を作るためには、売りたい人の気持ちに立つ必要があると思いますが、伊良コーラの場合は自分が作りたいもの、飲みたいものを欲しい人がいたので、自分の舌を大事にしています。

伊良コーラ 代表/クラフトコーラ発祥人 コーラ小林氏
伊良コーラ 代表/クラフトコーラ発祥人 コーラ小林氏

――自分の舌が納得した段階で、商品化していくということでしょうか。

 そうですね。最近知り合いに「味を追求する感覚が他人より優れている」と言われたのですが、この言葉がとても印象に残っています。自分の過去を振り返ってみても、学生時代から世界中でその土地ならではの食べ物を探すのが好きで、納得できるものが見つかるまで探し続ける癖があって。ときには3時間近く店を探し回って結局何も口にしなかったこともありました(笑)。

 昔から他人よりも味に対するこだわりが強かった分、自分の舌が下すジャッジがかなり信頼できるんだろうなと思います。

釣りのように仮説を検証してきた

――伊良コーラを立ち上げて以降、コーラのレシピ改善を繰り返し行ってきたと思いますが、どのように味を改良してきたのでしょうか。

 味の改良は釣りに似ていると思っています。バス釣りが好きなんですけど、1匹のバスを釣るためにルアー1つとっても大きさや重さ、色、動きなど様々な要素の組み合わせで最適なものを選択します。また、ルアー以外にも場所や時間、釣り竿、釣り方までたくさんの要素を検証しているわけです。

 コーラの味を改良するときも一緒で、仮説を立てた上で様々な原料を組み合わせながら微調整をしていく。このPDCAを高速に回すことが大事だと思います。

――自分の舌でジャッジするとのことでしたが、他の方に味見してもらうことはないのでしょうか。

 もちろん知り合いの方などに試飲はしてもらっています。立てた仮説通りの味になっているかを検証するために、いろんな方に飲んでもらいながら調整は行い、最終的なジャッジは自分で行います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ニーズに応え続け、クラフトコーラ市場を拡大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業した結果、20...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/26 07:30 https://markezine.jp/article/detail/40839

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング