SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

生活者データバンク

新しいマーケット創出に最適な非言語アプローチとは?【フレームワークも紹介】

 マーケターにとって新しいマーケットを見つけるというのは大きなゴールの一つと言える。本記事では、新しいマーケットを見つけるのに役立つ「非言語的アプローチ」について、実例を交えながら解説する。

いかに新しいマーケットの「芽」を見つけるか

 n=1分析(母数としての1なので小文字の「n」)が重要と言われるようになって随分経つ。マーケティングにおいて、「一人」を深く知ることは大変重要である。ただ、定量データの結果などから仮説を立て、仮説の検証のために「一人に深く聞く」ことは、「検証のためのn=1分析」であり、未着手領域の芽を探ることは非常に難しいと言える。

 またデプスインタビューにおいて「一人の生活」を深く聞いてみて、その中で○○ということについての価値を探る、というような手法もn=1分析としてよく行われている。しかしながらこの方法も、「聞く」という手法をとっているので、言語化されたものしか分析対象にならず、まったく新しい「○○の価値」の創出には至らないことが多い。

 さらにサンプル1としてのn=1分析であるので、サンプルはどのくらい必要なのか、という課題に直面する。5人から10人程度のn=1分析を行い、代表制担保として定量調査で検証するという「言語分析のループ」になることが多い。

 仮説の検証や言葉の背景を探るといった目的であれば、このn=1分析は十分に有益であり、具体的な課題や仮説がある場合は積極的に採用したほうがいい。

 一方で、新しいマーケットの芽は対象者自身も気づいていない、もしくは言語化できていないところにあると言えよう。その時に有効な手法として「非言語的アプローチ」がある。これは非言語データから一人の生活の全体像を俯瞰して見ることで、マーケターやリサーチャーが「気づき」を得て、未開発領域をクリエイティブするというものである。

米飯類マーケットから考える、非言語的アプローチ

 では米飯類のマーケットの実例を見ながら、非言語的アプローチについて解説したい。

図表1:ご飯類種類別 TI値(1,000食卓当たりのメニュー/材料出現回数)トレンド
図表1:ご飯類種類別 TI値(1,000食卓当たりのメニュー/材料出現回数)トレンド

 上の図表1はインテージのキッチンダイアリーのデータである。このデータは「白飯は下降トレンドにあり、だが雑穀入りご飯は伸長傾向にある」と見ることができる。ここから、白飯ではなく雑穀入りご飯に着目し、新しい商品を開発しようと考えたりしないだろうか?

 この見方はClaimベースであり、既に言語となって世に出ている事象に過ぎない。非言語的アプローチでは、まずWhyを探すというステップを踏む。ではこのデータから気づくWhyとは何だろう。ざっと考えただけでも、以下のようなWhyが出てくる。

(1) 白飯はずっと下がってはいるが、TI値で300近くを維持しているのは凄いことでなぜなんだろうか?

(2)おにぎりは下降トレンドとはいえ、雑穀入りご飯と同じくらいTI値があるのはなぜなんだろうか?

(3)カレーライスのポジションがずっと不動なものになっているのはなぜなんだろうか?

 このWhyを突き詰めていくと、「もしかしたら、米飯(ごはん)の価値そのものが変化していて、自分たちは気づいていない価値があるのかもしれない」ということになるはずだ。私たちは、定量調査であってもWhatではなく、Whyを探すということをする思考を常に持ったほうがよい。

 次なるステップで何をするのか。それは非言語データの読み解きであり、気づきを探すということである。間違ってもWhyの答えを探そうと、デプスインタビューなどで生活者に聞いて、答えを見つけようとしないほうがいい。そこで生活者が○○であると話すとしても、それは言語化された、つまり既出の答えであり、そこからは新しいことは生まれないからだ。

 非言語データとはどんなものを指すのかというと、行動観察やフォトハンティングなどリアルな生活の現場を捕まえたものである。

 「もしかしたら、米飯(ごはん)の価値そのものが変化していて、自分たちは気づいていない価値があるのかもしれない」というWhyの答えの可能性を探すために、たとえばフォトハンティング(写真調査)という手法でやってみるとする。

 「可能性の探求」なので、米飯のことだけ見ていても発想は広がらない。だから生活の現場としては、あらゆる食シーンを見たほうがいい。そこで下記のようなことをやってみる。

図表2:フォトハンティングの概要
図表2:フォトハンティングの概要

 実際に個票として整理したものは下記である。

図表3:チロさんの食事の様子
図表3:チロさんの食事の様子

 このように整理すると、前後の関係がよくわかる。その食卓シーンは突如として出現したものではなく、生活の流れの中で、何かが起こったり何かを思ったりということとつながっている。この生活文脈を考えることが大切である。想定外の稀有な食卓シーンが出てくると期待することはやめたほうがいい。そんなことがあるのなら、既に着手しているはずである。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
「一人十色」から共通項を見出し、生活文脈を捉える

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
生活者データバンク連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小関 久美(コセキ クミ)

 株式会社インテージクオリス マーケティング戦略支援室 リサーチディレクター・マーケティングコンサルタント 大手広告代理店にてマーケティングプランナー。大手化粧品メーカーにてPM・BM。その後、定性調査を軸としたマーケティングコンサル会社を起業。フリーのマーケティングリサーチャーおよびマーケティングコンサルタントを経て、再び会社員として中堅・大手リサーチ会社にて定性調査リサーチとコンサルに従事。2020年より現職。・関連リンクMarke-Tipsちゃんねる

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/01/23 09:30 https://markezine.jp/article/detail/40940

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング