SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』

データに価値をもたらし、事業を発展させる「保険事業」という機能

 米国やグローバルにおける広告・マーケティング業界の最新情報をまとめたベストインクラスプロデューサーズ発行の『BICP MAD MAN Report』。そのカットアップ版をお届けする本連載。今月は、保険産業×データを軸に、日本でも見えてきた新たな潮流を見ていく。(※本記事は、2023年3月25日刊行の『MarkeZine』(雑誌)87号に掲載したものです)

※本記事は、2023年3月25日刊行の『MarkeZine』(雑誌)87号に掲載したものです。

保険産業が、積み上げたデータの「価値」「責任」を付与する

 2023年1月、「札幌医科大(=医療機関)」と「富士通(=ITシステム)」の座組による新たな取り組みが発表された(参考:「札幌医科大と富士通、ヘルスケア領域のデータポータビリティ実現に向けて個人の健康データの活用推進に合意」/日本経済新聞)。患者の過去データのポータビリティが実現すれば、診察のたびに各病院で問診記入からレントゲン撮影までを行う「めんどう」が省けるので、より良い前進と思える。

 ただ、この取り組みは病院とIT事業者との二者に限定されたものだ。患者個人にとっては貴重な「ワタシの命のデータ」であっても、単なる「生データの集積」のままでは、それを責任持って預かる事業者側へのインセンティブが働かない。

 この医療データに価値をもたらすには「値付け」が必要とされ、その通貨機能として「保険(金融)」が存在する。責任の「重いデータ」として価値変換されたデータになってはじめて、医療事業者とIT事業者は保険会社と共にデータ保全(漏洩や乱用防止)の責任を負いつつ、事業(や社会)への成長リターンを生む動機を持つ。保険会社とIT事業者がデータの管理や漏洩に及ぶ責任までリスクを負ってくれるのは、そのデータが価値ある商売道具であり、自社(や社会)への成長リターンを生むものであるからだ。

 たとえば、「GEICO」や「オリックス」などの保険会社が間に入ったトライアングルの座組が考えられる。日本でも今、取り組んでいるところだろう。

 この座組が強力なのは、政府の巨額の保険予算や企業の雇用保険が連動するからだ。三者どころか四者のスクエアになる構造も描いておきたい。政府が「医療の国民負担の適性化」をデジタル上で進め、法改正していくのは自然で明らかな流れである(医療制度の是非については略)。

 患者側においても、アプリで健康管理をするといったオモチャ機能ではすぐに飽きるが、保険が関与すれば桁違いに強く飽きないインセンティブ(医療費が安くなるなど)が発生する。

 事業側も国民一人ひとりにアプリを登録してもらい、サブスクアカウントを増やして、D2Cでスケールさせて……という風下からの小銭集めの事業ではなく、国家予算や大企業の福利厚生を意識した風上市場が起点(飴玉)になる。「デカいほうからごっそり」と、風上側から動きが起こるのが「重いデータ」側の特性だ。もちろん数年の時間がかかり、長期ビジョンや資金力、気力、体力、そして政治力が求められる。

 医療機関がデータの保全を先端ITと保険会社とで協同で担いながら事業インセンティブを持ちつつ、患者さん(D2C)に向けて「ご安心ください。当病院は世界に先駆けて最先端の……」と案内できれば、エコシステムが機能し、自然成長し始める。今回の発表は、そのシステムの実験時期(黎明期)と捉えてみよう。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
ド級規模のデータを動かすエネルギーインフラ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

榮枝 洋文(サカエダ ヒロフミ)

株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(BICP)/ニューヨークオフィス代表 英WPPグループ傘下にて日本の広告会社の中国・香港、そして米国法人CFO兼副社長の後、株式会社デジタルインテリジェンス取締役を経て現職。海外経営マネジメントをベースにしたコンサルテーションを行う。日本広告業協会(JAAA)会報誌コラムニスト。著書に『広告ビジネス次の10年』(翔泳社)。ニューヨーク最新動向を解説する『MAD MAN Report』を発刊。米国コロンビア大学経営大学院(MBA)修了。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/04/05 09:30 https://markezine.jp/article/detail/41734

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング