SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

GiftX、もらった側が選び直せるソーシャルギフトサービス「GIFTFUL」の提供開始

 GiftXは、新しいソーシャルギフトサービス「GIFTFUL」の提供を開始した。

 同サービスはギフト選定に悩んだり、受け取る側が嬉しくないギフトが贈られてしまう問題を解決し、贈る側も受け取る側も嬉しいギフト体験を増やすために開始された。

 サービス利用の流れは以下の通り。

GIFTFUL利用の流れ
GIFTFUL利用の流れ

 贈り手はラインナップの中からギフトを1つ選んでメッセージカードを作成し、発行したギフトリンクをSNSやメールで贈りたい相手に送信する。

 受け取った側は贈られたギフトを受け取るか、または同価格以下のギフト候補の中から貰って本当に嬉しい品物を選び直すことができる。

選び直し画面
選び直し画面

 GIFTFULを利用することで、「相手を想ってギフトを選んだ気持ち」を伝えつつ、「相手が本当に欲しい物」を贈れる新しいギフト体験が可能となった。

 先行してGIFTFULを利用したユーザーの間では、ギフト受取完了数103件に対する選び直し率が57%と半数を超えており、ユーザーの多くが実際に選び直しをしていることがわかっている。

 さらに、GIFTFULで受取体験をしたユーザーのうち、「また同サービスで受け取りたい」「どちらかというと受け取りたい」と回答した人の割合は合わせて90%を超え、GIFTFULでギフト受取体験をした人の多くが、また贈ってほしいと思っていることもわかった。

 また同サービスでは、支払いは相手の受取手続き完了後のみ発生する。受取手続きが完了しなかった場合には支払は発生しない。受け取られなかったギフトが返送されたり、無駄な出費となってしまう、マイナスのギフト体験を無くすことが狙いだ。

【関連記事】
GiftXの飯髙悠太氏、THINGMEDIAのマーケティングアドバイザーに就任
LINEギフト、累計ユーザー数1,500万人突破 コロナ禍のソーシャルギフト需要の高まりが背景
LINE、ソーシャルギフト市場へ本格参入~「LINE ギフト」リリース
7人に1人がソーシャルギフトの利用経験者あり【ジャストシステム調査】
LINEやFacebookで贈れる!ローソンの店頭で交換できるソーシャルギフトサービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/04/27 08:30 https://markezine.jp/article/detail/42128

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング