SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

BOOKS

『デジタルマーケティング用語図鑑』からクイズ全10問、マーケターなら余裕かも?


 ふと目や耳に飛び込んでくるデジタルマーケティングに関する用語、理解できていますか? マーケティングの仕事をしているなら知っておきたい用語を解説した『デジタルマーケティング用語図鑑 施策の企画・分析・管理で使われる厳選キーワード256』(翔泳社、竹内哲也)から10問のクイズを出題しますので、チャレンジしてみてください! 

1

「認知から購買に至るまでのプロセスを表現した図」を表す用語は?

2

「小売り店舗を広告媒体化したもの」を表す用語は?

3

「暗号化されたメー ルアドレスをもとにしたユーザー識別方法」はどれ?

4

「リードジェネレーション」はどういう意味?

5

「データクリーンルーム」はどういう意味?

6

「店舗とECを統合したシームレスな購買体験」を何という?

7

「アトリビューション分析」とは何のこと?

8

「顧客への商品やサービス提供価値」を表す用語は?

9

「スマートコントラクト」はどういう意味?

10

「Twitter(現X)やSquareを創業した連続起業家」とは誰のこと?

デジタルマーケティング用語図鑑 施策の企画・分析・管理で使われる厳選キーワード256

Amazon SEshop その他

デジタルマーケティング用語図鑑
施策の企画・分析・管理で使われる厳選キーワード256

著者:竹内哲也
発売日:2023年12月13日(水)
定価:1,980円(本体1,800円+税10%)

本書について

本書は、OMOやUnified IDなどの近年話題の用語から、広告、SNS、クリエイティブ分野の用語や、マーケターが押さえておくべき偉人についても紹介しています。

正解は次のページで!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/01/18 15:34 https://markezine.jp/article/detail/44351

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング