SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

Meta×サイバーエージェント/サイバーエース共催 次世代パフォーマンスサミット(AD)

Instagram縦長動画が活況!動画の勝ちパターンは?/Meta次世代パフォーマンスサミット

 2024年、生成AIの加速度的普及など、デジタルマーケティングのプロセスでも転換期を迎えている。また、動画広告の中でも縦長動画広告が活況。マーケット成長率は140%にもなっている。本記事は、「Meta×サイバーエージェント/サイバーエース共催 次世代パフォーマンスサミット」で語られた、縦長動画の勝ちパターンについてレポートする。

縦長動画広告の需要が急増。市場規模は526億円に到達

 サイバーエージェントの調査によると、2023年の動画広告市場は、昨年対比112%の6,253億円に達した。特に縦長動画広告の需要が急増、2023年の市場規模は昨年対比156.3%の526億円に到達した。

 縦長動画が活況を迎えていることを受けサイバーエースは2022年、縦長広告に特化した動画の制作から広告運用までを一気通貫で支援するVertical Creative Lab(以下、VCL)を設立。Metaジャパンと連携して効果検証によりクリエイティブを磨き、縦長動画の売上をYoY(Year on Year:前年比)で約2倍以上成長させた。

 Facebook Japanの服部氏は、縦長動画について次のように振り返る。

「2年ほど前に『これからは縦長動画が来るので、縦長動画広告をやりましょう』と多くの人に声をかけましたが、業界のほぼ全員が興味のない様子でした。その中、日本で初めて久慈さんだけが『これから来ますね、やりましょう!』と言ってくださったのを、よく覚えています」(服部氏)

服部さんのお写真。<br />Meta エージェンシーパートナー/Creative Strategist 服部タカユキ氏
Facebook Japan エージェンシーパートナー/Creative Strategist 服部タカユキ氏

ミッドファネルの攻略には「縦長動画広告」

 動画広告全体での市場は、2024年に8,700億円規模、2年後には約1.2兆円規模になると言われている。生活の中でもスマホで動画を視聴する際、縦長動画に充てられる時間は増加傾向にあるのではないだろうか。

クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)

 「実際、縦長動画で消費される時間は、Web上のコンテンツ消費のうち43%が短尺動画で消費されるという予測が出ていた」と服部氏は指摘。このように縦長動画の視聴時間が非常に増えている中、企業はどのように縦長動画を使っていけば良いのだろうか。

 サイバーエースの久慈氏はこの問いに対し、「認知から獲得までのマーケティングファネルで中間を担えるのが縦長動画」だと話した。静止画広告は、動画広告に対して情報量が少なくなりやすく、ユーザーに対して商品の魅力が十分に伝わりづらい。つまりキャンペーンの訴求や購入などのコンバージョンへのアプローチ方法が限られてくる。

「縦長動画は、獲得を意識しながらアプローチしたいミッドファネルの攻略部分で、非常に有効だと考えています」(久慈氏)

サイバーエース マーケティング局/クリエイティブ局 局長 久慈秀斗氏
サイバーエース マーケティング局/クリエイティブ局 局長 久慈秀斗氏

 またコスト面にもメリットが大きい。マス広告の場合はクリエイティブを制作するだけで500~1,000万円程度の予算がかかってくる。それに対し、縦長動画はUGC(User Generated Content:ユーザー生成コンテンツ)などを活用して制作できるため、制作コストが低く抑えられると久慈氏は続けた。

「あるクライアント様は、静止画のみから縦長動画を導入されたのですが、VCLのチームが介入する前後30日間で配信予算を比較すると、約160%の伸長。CPAは約1万円下げつつも、配信量を約2倍できた実績もあります。ですから、縦長動画広告にはかなりチャンスがあると考えています」(久慈氏)

次のページ
効果的なクリエイティブに重要なのは、素材・編集・効果予測

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

那波 りよ(ナナミ リヨ)

フリーライター。塾講師・実務翻訳家・広告代理店勤務を経てフリーランスに。 取材・インタビュー記事を中心に関西で活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:株式会社CyberACE

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/27 10:00 https://markezine.jp/article/detail/45105

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング