SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第100号(2024年4月号)
特集「24社に聞く、経営構想におけるマーケティング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

これからの事業成長に欠かせないOMOの視点 具体的な取り入れ方を3つのポイントに分けて解説

 翔泳社が運営する「ECzine」は、2024年6月6日(木)に無料オンラインイベント「ECzine Day 2024 June」を開催する。Cookieレス時代に通用する個性をテーマとした本イベントは、ユナイテッドアローズやシップス、ファンケル、ブックオフコーポレーションなどが登壇。メンバーズプログラムによる顧客との継続的な関係作り、信頼を得るためのデータ活用方法などといった幅広い内容のセッションを用意している。

ECzine Day 2024 June

 11:30~12:00に行われるセッションは、株式会社ビービット ソフトウェア事業本部 マーケティングソリューション セールス&マーケティングマネジャー 生田啓氏が登壇する。

 コロナ禍で大きく拡大した日本のEC市場。EC売上が伸長した企業も少なくないだろう。この成長を今後も継続するには、何が必要なのだろうか。ビービットは、その答えの一つとしてOMOへの取り組みを挙げる。数年前から注目されているOMOだが、実際の成功事例は多いとはいえない。そこで本セッションでは、ビービットがECにおけるOMOの取り入れ方を3つのポイントに分けて解説する。

 申し込みは1セッションからでき、事前申込期間中は視聴セッションの追加・変更も可能となっている。人気のセッションは定員に達し次第、申し込みを締め切る場合もあるため、気になるセッションは、早めに申し込むことをおすすめしたい。また、事前登録のうえ、当日3セッション視聴した人に対し、抽選で翔泳社の本を1冊プレゼントするキャンペーンも実施予定となっている。

 現時点で公開されているセッション情報は、次のとおり。詳細は「ECzine Day 2024 June」イベントサイトの「タイムテーブル」から見ることができる。

ECzine Day 2024 June セッションのご紹介

A-1

A-3

A-4

A-7

A-8

  • セッション名:coming soon
  • 登壇者:Firework Japan株式会社 Country Manager 瀧澤優作氏

A-10

B-1

B-3

B-4

B-5

B-7

B-9

  • セッション名:アダストリアのDX革命と成長を促すIT戦略
  • 登壇者:株式会社アダストリア DX本部 シニアマネジャー 豊永周平氏/日本オラクル株式会社 NetSuite事業統括 シニアディレクター アカウント営業本部 本部長 福宮友和氏

B-10

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/15 17:30 https://markezine.jp/article/detail/45640

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング